2006年2月 ふくまるのメッセージ
TOP(ふくまるのメッセージ)                                                         HOME



2006年 2月24日  流れに合わせる

車の運転で

『流れに合わせる』

皆さんは

何を思い浮かばれたでしょうか?





路上MT車

教習車が先頭で信号待ち

青信号に変わり

発進しようと

ブレーキペダルからアクセルペダルに足を移し

アクセルペダルを踏んで

クラッチペダルを上げてきて・・・

後続の一般車両からクラクション





大阪人は、せっかちですから・・・(笑)





交差点の中心付近で

教習車が先頭で右折待ち

赤信号に変わり

対向車が止まり

右折しようと

ブレーキペダルからアクセルペダルに足を移し

アクセルペダルを踏んで

クラッチペダルを上げてきて・・・

後続の右折しようとする一般車両からクラクション





大阪人は、せっかちですから・・・(苦笑)





前に3台の一般車両

教習車が4台目で信号待ち

青信号に変わり

1台目が発進

2台目が続いて発進

3台目が発進したので・・・

発進しようと

ブレーキペダルからアクセルペダルに足を移し

アクセルペダルを踏んで

クラッチペダルを上げてきて・・・

後続の一般車両からクラクション





大阪人は、せっかちですから・・・(汗)





大阪人は、せっかちですから・・・と言っても

発進しようとする度にクラクションを鳴らされる・・・そんな具合の教習生様。

何かワンテンポ遅れているような・・・。





冒頭の

車の運転で

『流れに合わせる』

何を思い浮かばれましたか?

ほとんどの方は

『速 度』 だったのではないでしょうか。

でも

『速 度』 だけではござんせん。

『発 進』 も流れにあわせてほしい一つです。





先頭で信号待ちの時は

青信号に変わってから・・・

ではなく

青信号に変わりそうだから

少し前から

ブレーキペダルからアクセルペダルに足を移して・・・発進の準備。





交差点の中心付近で先頭で右折待ちの時は

赤信号に変わって

対向車が止まってから・・・

ではなく

赤信号に変わりそうで

対向車が止まりそうだから

少し前から

ブレーキペダルからアクセルペダルに足を移して・・・発進の準備。





前に一般車両があり

教習車が4台目などで信号待ちの時は

青信号に変わり

1台目が発進

2台目が続いて発進

すぐ前の3台目が発進し始めてから・・・

ではなく

数台前が発進し始めたので

すぐ前の3台目が発進しそうだから

少し前から

ブレーキペダルからアクセルペダルに足を移して・・・発進の準備。





教習生様曰く

『少し前から発進準備するようにしたら、タイミングよく右折できて発進も出遅れなくなりました。』





ふくまる曰く

『家から10分の●●駅に、友人と8時に待ち合わせの約束しました。8時に家を出ますか?』

教習生様曰く

『いえ、出ません。』





ふくまる曰く

『じゃあ、6時に家を出ますか?』

教習生様曰く

『そんなに早く出ません(笑)。待ち合わせ時間に合わせて少し前に家を出ます。』





日常生活と同様

車の運転も

少し前から準備をすると

気持ちに余裕ができて流れに合わせることができるのではないでしょうか。

『速 度』 だけでなく

『発 進』 だけでなく

『流れにあわせる』 というアドバイス・・・色々な意味が込められているんですョ。





ようやく

気持ちに余裕ができて

発進の流れがつかめてきた教習生様。





青信号に変わりそうだからと

車をジワジワ動かせてしまう教習生様。

『みきり発進』・・・交差点内に残存車両や横断中の残存歩行者があるかもしれず危険です。






青信号に変わりそうだから

ずいぶん早くからアクセルペダルを踏み込んでしまう教習生様。

『空ぶかし状態』・・・騒音や排気ガスなど環境に悪い影響を与えてしまいます。





確かに

『少し前から発進準備をして下さい。』 とアドバイスしましたが・・・

度が過ぎないようにして下さいネ(笑)



2006年 2月14日  黄色の中央線

路上教習で・・・

黄色の中央線の道路

前方に駐車車両あり

対向車なし





進路変更して黄色の中央線をはみ出して

駐停車車両を避けていくものだと思っていたら・・・

黄色の中央線をはみ出さずに

駐停車車両の側方を

接触しそうなキワドイ間隔で通行する教習生様





黄色の中央線の意味

1・追い越しのため、黄色の中央線をはみ出して通行してはダメ

2・黄色の中央線をはみ出して通行してはダメ

さて、どちらなのでしょう?





正解は、1番

正しくは 『追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止』





黄色の中央線は

何が何でもはみ出して通行してはダメだと

勘違いされている教習生様もいらっしゃいますが・・・





右折や横断する場合

駐停車車両や歩行者などの障害物を避けていく場合など

追い越しのため以外なら

黄色の中央線をはみ出して通行することができるんです。





ちなみに追い越しとは・・・

『車が進路を変えて、
進行中の前の車の前方に出る』 ことをいいます。

駐停車車両は進行しておらず

その名の如く

駐車や停車をしているので

駐停車車両を避けていくことを追い越しとはいいません。





対向車がなければ

安全な間隔をあけるため

黄色の中央線をはみ出して

駐停車車両の側方を通行するようにしましょう。





そんなアドバイスをした後・・・





黄色の中央線の道路で

前方に駐停車車両あり

対向車なし





運転中の教習生様

黄色の中央線をはみ出さずに

駐停車車両の側方を

接触しそうなキワドイ間隔で通行・・・(汗)





さっきのアドバイス

一体何だったのだろう





ふくまる曰く

『黄色の中央線は、追い越しのため以外ならはみ出して通行できるんでしたよネ。』

運転中の教習生様

『あ・・・』





一度

身についた知識や習慣というものは

なかなか・・・





だから

正しい知識と良い習慣を身につけてもらえるように頑張ります。



2006年 2月8日  検定不合格にされた?

駐車車両に接触しそうになり

検定員補助で不合格になった

怒る教習生様の検定補習に乗車。





怒る教習生様曰く

『検定不合格にされました!駐車車両にぶつかりそうになってないのにハンドル持たれました!!』





不合格にされた?

不合格にされたんじゃなくて

不合格となる運転になっていたのでは・・・??





教習生様曰く

『あそこで、あの駐車車両がある場所で中央線ギリギリに寄せて進んでいたら中止になったんです。』





卒業検定で検定員補助となった同じ場所に

準備していたように駐車車両が・・・





卒業検定と同じように

中央線ギリギリに寄せて駐車車両の側方を通過してもらうことに・・・

さらに・・・

後続車もないことなので

その駐車車両の側方で停止してもらいました。






ふくまる曰く

『どうでしょう?駐車車両のドアミラーと教習車のドアミラーが・・・このまま進むと接触しますョ。』

教習生様

『 ・ ・ ・ 』





検定員も

不合格にしようと思って不合格にしている訳ではござんせん。

周りがよく見えておらず危険な運転だからなのです。





技術や知識はもちろんですが・・・

目配り・気配り・思いやり

それが公道で運転するっちゅうことなんじゃないでしょうか。



2006年 2月1日  職業病

路上教習で・・・

指導員は

教習車とすれ違う場合お互い手をあげます。





仕事がオフの日・・・

マイカー運転中または助手席に乗せてもらっている時

他校所の教習車とすれ違うと

つい手をあげてしまう・・・





仕事がオフなのに

つい手をあげて・・・

これを職業病というのでしょう。

TOP(ふくまるのメッセージ)                                                         HOME