2004年  ふくまるの日記  2月
TOP(ふくまるの日記)                                                      HOME
ここでは日々更新中のプライベートや仕事などの出来事を紹介しています。
お暇な時に読んでください。

2月の日記
2004年2月29日(日) 雨のち晴                           道路交通法に加筆して・・・
今日、2月29日。
4年に1回にしか来ない日。
うるう年。
2月29日に誕生された人、お誕生日おめでとうございます。

金曜日、気分良くTERRANOを洗車したのに・・・雨。
この雨も、昼頃にはやむのですから・・・憎らしい雨です。

しかし
雨の日は、運転に注意しなければなりません。



今日の3時限目、2段階 『みきわめ』
狭い道路を走行することになった教習生さん。
路面が濡れていることもあり、周りに気をつけながら走行。

狭い道路を走行中、後方から原動機付自転車が追尾。
後方から原動機付自転車が、教習車を追い越していきました。

その瞬間
脇道から頭を少し出してきた自動車にビックリした原動機付自転車の運転手。
急ブレーキをかけ路面が濡れていたので転倒!



教習車を道路端に止め降りていって
『大丈夫ですか?』 と尋ねると・・・
原動機付自転車の運転手
『はい、大丈夫です』 と・・・

過去にも
狭い道路で自動車が教習車を追い越していって、道路を横断していた自転車とぶつかってしまう事故に遭遇したことが
ありますが・・・。

教習車。
ダテにゆっくり走行しているわけではありません。
何らかの理由があるからなのです。










道路交通法

『自動車の運転者は、危険をさけるためやむを得ない場合のほかは、初心運転者標識や高齢者標識、身体障害者標識、
仮免許練習標識をつけている車の側方に幅寄せをしたり、前方に無理に割り込んではいけません。』

と、ありますが・・・

狭い道路で、仮免許練習標識をつけている車を追い越してはいけません。』 という文言を加筆して欲しいものです。
2004年2月28日(土) 晴                                          体調が
三寒四温
寒い日が3日くらい続くと、その後4日間くらい暖かい日が続くこと。
冬季、シベリア高気圧が1週間くらいで寒気を吹き出すための現象。

天気が良いですが、これも今日まで・・・。
明日から雨だそうです。
また、寒いのでしょうか。
この、三寒四温の温度差で体調を壊される方も多いのではないでしょうか。

三寒四温が原因ではないですが、少し体調が崩れるようなことが・・・



6時限目、路上教習5回目の教習生さんに乗車。
見た目、フツーの男の子です。

しかし、原動機付自転車で違反。

原動機付自転車で2ケツ(二人乗り)

原動機付自転車って一人しか乗れないのに二人乗りだから・・・違反ですね。

で、その二人乗りを警察官に発見される。

違反とわかって原動機付自転車で二人乗りしていたのですから・・・当然、人間の心理からすると逃げる。

警察官、違反だから追尾する。

原動機付自転車で2ケツで逃げていると・・・

たまたま脇道から出てきたパトカーにぶつかって・・・警察官に確保。

お灸をすえられ、開放される。

後日

原付の初心運転者講習の受講通知が来たが、その受講通知を親に捨てられ・・・

話しによると、何でも親に捨てられるらしいですが・・・。

また、原付で免許不携帯で警察に確保。



そんな話しを聞いていて・・・
少し疲れ・・・
体調が・・・

教習生さん
『これからは大丈夫です。気をつけます。』 と・・・





『これからは大丈夫です。気をつけます。』 って
「警察に捕まらないように気をつける」 って、いう意味なのか・・・
それとも
「もう、無茶な運転はしない」 っていう意味なのか・・・

少し、不安です。










三寒四温の温度差で体調が崩れ・・・

いや・・・

話しを聞いていて体調が・・・
2004年2月27日(金) 晴時々曇                     いつもと違う体験 と いつもの体験
つい先日までは暖かかったのに、寒さが少しぶり返しです。
今日は仕事が休み。
いつもと違う体験 と いつもの体験を・・・味わうことが出来ました。



午前中
大阪のビジネス街へ私用で出かける。
久しぶりに電車に乗りました。
去年の11月以来・・・ですか。

車で通勤、車で遊びに行く・・・車・車・車・車・車・車・車・車・・・の生活に慣れてしまっている私。
電車に乗るなんて滅多にありません。

妻に借りた回数券
このまま自動改札を通していいのか・・・
この回数券を、切符売り場の自動券売機に通して切符を買わなければならないのか・・・

どうしてよいか、戸惑った私。
改札口で戸惑うなんて・・・
少し芸能人みたいだったり・・・
ピシッ

改札口付近にいた駅員さんにヘルプ
回数券を自動改札に通せばいいだけだって・・・
ふっ、私の推理した通り・・・
焦ってたけど・・・

電車に揺られて小説を読む。
電車で小説を読むなんぞ、何年ぶりでしょう。

改札口を通り抜けるまでは、冒険あり推理ありで・・・
たまには、いいものです。
たまには・・・

通勤ラッシュの電車に毎日乗るとなると・・・ちょっと。



午後
昨日オイルとエレメント交換したTERRANOの洗車。
でも、日曜日雨だって・・・

そして
プリンターの用紙を買いにホームセンターへ。

光学マウスが安かったので・・・
教習車の助手席に敷く低反発マットも安かったので・・・
カゴの中へ

ホームセンター。
やっぱり、店内を見ていても飽きないです。

通路は広い、商品は豊富、買い物しやすい。
たまに、おもしろグッズや便利グッズを発見したり・・・

店内をウロウロ見て回っているうちに・・・
アレよアレよと、カゴの中は商品が一杯!










ホームセンターでも

改札口で戸惑った時のような気持ちがあったらヨカッタのに・・・

買い過ぎ・・・た。
2004年2月26日(木) 晴                                          独擅場
大阪の府立高校、前期選抜の受験が終わりホッと一息をついている受験生と親御さん。
がんばった受験生、応援した親御さん、ご苦労様です。
発表まではヤキモキですが、少しゆっくり身体を休めて下さい。



今日は、朝から小雨。
すぐに雨は上がり快晴に。

午前中、高速教習。
19歳男子・教習生Oさん。
23歳男性・教習生Kさん。

教習生Kさんに乗車するのは初めてですが、教習生Oさんに乗車するのは3回目。
教習生Oさん、彼はおもしろい。



今日の一般道路や高速道路は順調に流れています。

教習生Oさん
『僕の日頃の行いが良いから、道路が空いているんですかねェ(笑)』
教習生Oさん
『天気が良いのも僕の日頃の行いが・・・(笑)』

まぁ、イケシャアシャアと言ってのける教習生Oさん。
それが、彼らしかったりするんですが・・・。



高速道路で・・・

『今日は2人なので時間がありますから、高速道路を下りたらどこか回って帰りましょう。』
教習生Kさん
『どこ回って帰るんですか?』

『ドライブスルーを練習しましょう!・・・っていう教習生さんが以前いましたが・・・(笑)』
教習生Kさん
『え!ドライブスルーやってみたいですね(笑)』

教習生Oさん
『実は僕、自転車でドライブスルーやったことあるんですよ(笑)』
車内
『え?!』
『え?!』

教習生Oさん
『どうなったと思います?』

教習生Oさん
『店員さんに・・・入り口から入ってカウンターでご注文してください・・・って、あっさり断られました(笑)』
車内
『笑・笑・笑』
『笑・笑・笑』


こんな会話が続き・・・
高速道路の教習指導も行い・・・










しかし

今日の高速教習

ある意味、教習生Oさんの独擅場だったような・・・。





『独擅場(どくせんじょう・どくだんじょう)』
その人ひとりで、思いの通りに振る舞える場面、分野。ひとり舞台。
2004年2月24日(火) 晴                                          お願い
繁忙期
教習所にはワンサと教習生さんが待機。
教習所近くの高校では卒業式。
路上教習で礼服のお母様方をイッパイ見ましたよ。

あ〜お〜げ〜ば〜 と〜お〜とし〜♪
ほ〜た〜るの〜 ひ〜か〜り〜♪

初々しい頃を思い出します。
純粋無垢な私・・・
いや、汚れはじめていた私だったり・・・

とにかく
18歳の教習生さん達が、たくさんお越し下さっております。



18歳の教習生さんの中で、有名な2人連れの教習生さんに困っている事が・・・。
凸凹コンビの教習生さんと称しましょう。

凸凹コンビの教習生さん

教習所に来る時は一緒。

教習が始まる前は、いつも2人並んで一緒。

教習車に行く時も一緒。

ここまでは、友達なら当たり前のことかも・・・。
ここまでは・・・。



私、トイレで気持ち良く 『大』 の用を足していました。
密室・・・落ち着くひと時の部屋といっていいでしょう。
でも、『大』 を出し足らず・・・
あと少し・・・
そう思ってリキんでいると・・・。


凸凹コンビの教習生さんの声。

教習生凸さん
『あ、俺ウ○コする。』
教習生凹さん
『じゃあ、待ってる。』


トイレの外で、待ってってあげるんや


教習生凹さん
『まだ、かかるか?』
教習生凸さん
『うん』

教習生凹さん
『まだか?』
教習生凸さん
『もうちょっと・・・』

教習生凹さん
『早く、出ろよー』
教習生凸さん
『うん、わかってる。』


あの・・・
会話ができてるんですけど・・・
待ってる・・・って
トイレの外じゃなくて・・・
まさか・・・
まん前で待ってるの・・・?


教習生凹さん
『早く出ろよ、待つのやめるぞ。』
教習生凸さん
『あと、もう少し待って・・・』

教習生凹さん
『早く、しろよー』
教習生凸さん
『わかってるって・・・』

・・・ 
・・・



そんな会話が・・・
私が用を足している、部屋の横から聞こえ・・・。

『大』 を出し足りない私。
あと少し・・・
出したかったのに・・・
凸凹コンビの教習生さんの会話が気になり・・・
引っ込んでしまい・・・
落ち込み・・・。



『大』 の用を足していた凸凹コンビの教習生凸さん。
あの状況で 『大』 が出せたのが不思議。










お願い

落ち着くひと時の部屋

『大』 は静かにやらせて下さい。
2004年2月22日(日) 曇りのち雨                                   ゴロゴロ・・・
昨日までは、天気もよく気候もよかったです。
暖かかったので、制服のジャケット下に着ていたカーデガンを脱ぎましたからね。
しかし、天気予報では今日から顔が崩れ・・・
いやいや・・・今日から天気が崩れると予報どおり。




この土曜日・日曜日は休みだったのですが、昨日は休日出勤。
で、今日休み。
昨日まで天気が良いということで、妻は昨日のうちに洗濯を終わらせており・・・
せっかく一緒の休みなのに・・・
妻、友人とお出かけ
私、お留守番。


家でゴロゴロ・・・
繁忙期で疲れた身体を休めるにはイイかも・・・


ポツポツ・・・
雨が降ってきましたよ。

昼頃に
ザーッと一雨

夕方に
ザーッと二雨

夜には
ザーッと大雨

龍が夜空で暴れまくっているような
雷雨

雨がザーッ
風がビューッ
カミナリがピカッ!ゴロゴロ・・・

今まで天気が良すぎたからって・・・
カミナリ付きで雨降らんでも・・・・
いくらなんでも、やりすぎと違うん。










家でゴロゴロしてたからって・・・

カミナリまでゴロゴロいわんでも・・・
2004年2月20日(金) 晴                               やっぱり元気 体育会系
本日も快晴!
今日も、4月上旬並みの暖かさ。
教習所の近所に植えてある梅は開花し始めています。
スキー場は、どうなっているんでしょうか。



私の仕える教習所、1時限目は9:00から始まり
昼休みを挟んで、6時限目は15:00から始まります。

昼休み後の6時限目 『縦列駐車』 20歳男性・教習生Yさん。
9:00からの教習を受け、この15:00からの教習。

時間があまりにも空いていたので、何をやっていたのですか?と質問。



今までの、この手の質問に 『寝ていました』 という大物回答もありましたが・・・
『寝ていました』 って、少し羨ましかったり・・・



で、教習生Yさんは部活だったそうで・・・どうりで元気なわけです。
昼食でお腹が一杯になっている時に、元気な教習生さんに乗車すると助かります。
眠たくならないから・・・。

ガタイがいいので柔道かラグビーだろうと思いきや、以外にもバトミントンだそうで・・・。
以外にも・・・って失礼な・・・。

教習生Yさん笑顔で
『身体つきとバトミントンとがつながらない・・・ギャップあるな・・・って思ったでしょ。』
『え、そ、そんな・・・(汗)』

教習生Yさん笑顔で
『いいんですよ、いつもですから・・・』


う!
ここで黙っては・・・
『身体つきとバトミントンとがつながらない・・・ギャップあるな・・』 っていうことを思っていたことに・・・
思っていたけど・・・


『で、でも、大会に出場する選手は、身体大きいですよね!』 って、必死。
たぶん、私の顔は必死の形相だったのでは・・・


教習生Yさん笑顔で
『あ!そうなんですよ!』 と嬉しそう。

ヨ、ヨカッタ・・・










しかし

元気すぎて、動作も大きい

だから、たまに失敗も・・・

今後が心配。
2004年2月19日(木) 晴 Part 2                               基本動作は大事
18日から快晴が続く大阪。
今日は4月上旬並みの暖かさ。
桜が咲く時期の暖かさらしく、教習車も暖房なんていりません。
所内教習なら、窓を全開で快適。

午後も、相変わらず暖かいです。



7時限目、2段階 『縦列駐車』 18歳男の子・教習生Hさん。
2枚目です。
オトコマエっていうんでしょうか。
女の子をブイブイいわしてそうな顔。
あくまでも私の主観ですが・・・。

縦列駐車イマイチできません。
あの・・・
オトコマエやから、嫉妬して手を抜いて教習しているわけではありませんよ。
け、決して・・・
そ、そんな事は・・・
断じて・・・ありません。


縦列駐車イマイチ・・・
あまり、私のアドバイス通りやってくれません。
我流ってやつですか・・・
アドバイスしても返事だけで、やっている事は我流。
我流では限界があります。
我流で、いつも同じ場所に駐車できればいいのですが・・・

たまに駐車範囲に入ったり・・・
脱輪したり・・・
駐車範囲からはみ出したり・・・

やはり、ほぼ同じ場所に駐車できるようにしてほしい・・・
それが基本動作であり、手順なんですけれども・・・


あまりにも安定して駐車範囲に入らないので、質問してきてくれましたよ。
『アドバイス通りやってみてください。』 と一言。

教習生Hさん、アドバイスの手順と速度調節でやってみる。

教習生Hさん
『お!』
『我流もいいですが、まず基本動作をマスターして慣れてきたら工夫してやりやすいようにしていったら良いんじゃないで
すか。』

教習生Hさん
『はい、わかりました。』


もともと運転が上手なので、基本動作をマスターして手順通りに行えば縦列駐車も順調♪ 順調♪


順調なので・・・
『Hさん、オトコマエなのでモテるでしょ。』
教習生Hさん
『いやぁ・・・そんなことは・・・(笑)』

『女の子を口説くのが上手いのも良いですが、縦列駐車も上手くなってくださいね(笑)』
教習生Hさん
『テヘ(笑)』










基本動作は大事

忘れないように・・・。
2004年2月19日(木) 晴 Part 1                      『みきわめ』でも普段どおりで・・・
18日から快晴が続く大阪。
今日は4月上旬並みの暖かさ。
桜が咲く時期の暖かさらしく、教習車も暖房なんていりません。
所内教習なら、窓を全開で快適。



2時限目、2段階 『みきわめ』 19歳男の子・教習生Kさん。
1段階で1度乗車していますが、上手だったような・・・。

気合入れて・・・いざ、『みきわめ』

方向変換 順調

縦列駐車 順調

路上運転 順調

でも
やらなくていい事までやってしまう教習生Kさん。
『みきわめ』 だから気合入れすぎ・・・
いや
『みきわめ』 だから気を配りすぎ・・・

少しアドバイス
『みきわめ』 だからって、気を配りすぎないように・・・気配りも度が過ぎると周りの交通に迷惑がかかる場合があります。
気配りは大事ですが、度が過ぎないように・・・
今までやってきた普段どおりの運転をして下さい。
技能検定も同じです。










今日は、桜が咲く時期の暖かさ

教習生Kさんも、卒業検定で桜が咲くといいですね。
2004年2月18日(水) 晴                                      先祖の墓参り
繁忙期だからかもしれませんが・・・ここ最近、身体がだるく疲れが取れない。
何か因果関係があるのかもしれないと、先祖の墓を参ろうと思いました。

墓参りを予定していた、この日。
快晴です。
日頃の行いが良かったからか・・・
はたまた、ただの偶然か・・・
とにかく、快晴で暖かいです。



私と妻と私の母上と3人で、私の父方母方の先祖の墓参りへ。
墓石は水をかけるだけで良いと思っていたのですが、タワシなどで磨いてあげなければならないらしいです。
墓石に水をかけるだけの人は、水をかけられる人生を歩むそうですよ。


昼食はマク○ナルドへ。
今年初めてのマク○ナルド。
プレミアムコーヒーなるものが・・・。
キッチンにはコーヒーメーカーがあり、店で豆を挽いている模様。
ドリンクは、もちろんプレミアムコーヒーを注文。

美味い!

今までのマク○ナルドのコーヒーじゃありません。
シアトル系のコーヒーをイメージして開発されたそうな・・・。

近頃、ド○ールやスター○ックスなど美味いコーヒーを提供する店が多いから競争なんでしょうね。

このコーヒーがあまりにも美味かったからかしれませんが・・・
多分違うような・・・
美味かったけど・・・
マク○ナルドで、しかも昼食時に満員御礼にもかかわらず・・・
年金や社会保険の話しで盛り上がる3人
声を大にして語り合う3人
ほとんど3人の世界。
キモイ3人。


先祖の墓参りで、テンションが上がっていたのでしょうか。










先祖の墓参り

なにかスッキリした気分です。
2004年2月15日(水) 曇 一時雨                               やっかいな一時雨
黄砂
乾燥地帯(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯などの細かな砂じんが風で吹き上げられ、大気の流れによって
空中に運ばれ上空を一面に覆い、徐々に降ってくる現象。
日本では、主に3月から5月にかけて西日本や日本海側で観測されることが多い大気現象。



ここ最近、一時的に雨が降るという日が続く大阪。
昨日の雨は、とくに汚く。

まだ2月だよ〜ん
黄砂にはちょっと早すぎるんじゃないの〜
・・・っと、昨日の雨でドロドロのTERRANOを見つめる。

このドロドロで出勤は・・・
軽く汚れを水で流してから出勤。

教習車も当然ドロドロやろなぁ・・・



この寒い中・・・
教習所は、大洗車大会。

教習車をジャブジャブ洗う指導員
マットをジャブジャブ洗う指導員
室内を拭き拭きする指導員
水洗いされた教習車を拭き拭きする指導員

曇りなのに・・・
教習所は、天気の良い土・日のコイン洗車場さながら!

この後、私も洗車大会に参加。
さぶっ!



教習車は洗車でキレイに♪♪♪
指導員も洗車で気持ちがキレイに♪♪♪
さぞ、輝いて見えたことでしょう!

たぶん・・・










屋根付き車庫の教習車

フツーの雨なら大丈夫

フツーの雨なら・・・













すごい風雨

なぜに風雨なの・・・

明日も、大洗車大会か・・・。
2004年2月13日(金) 晴のち雨                                        質問
今日の教習スケジュール。

1時限目 1段階

2時限目 1段階

3時限目〜5時限目 卒業検定

6時限目〜8時限目 高速教習

9時限目〜10時限目 セット教習

イベントが盛りだくさん!
通常の教習、2時間だけ・・・
なんと、1日が早かったこと・・・



で、2時限目に乗車した21歳男性・教習生Oさん。
項目は見通しの悪い交差点と踏切通過。

踏切通過の際は、 『止まれ』 『見よ』 『聞け』 の三原則を守って通過。
しかし、踏切用信号がある場合は、この三原則のうち省略できるものがあります。


『この三原則で踏切用信号がある場合、どれを省略できますか?』
教習生Oさん
『え〜と、黄色』

『え?』
教習生Oさん
『え・・・黄色』

『え?黄色って・・・いやいや、この踏切通過の三原則の中でですよ。色の三原色じゃないですよ(笑)』
教習生Oさん
『あ・・・信号の色でなくて・・・踏切通過の三原則・・・ですか?』

教習生Oさん
『「止まれ」を省略できます。』
『そうですね。』

『でも「見よ」「聞け」は、必ずやってください。』
教習生Oさん
『はい』

私、興味シンシンで・・・
『ちなみに、なぜ信号機の色で黄色が省略できると思ったのですか?』
教習生Oさん、照れながら・・・
『え?青は大事だし・・・赤も大事・・・省略するなら・・・黄色かなぁ・・・って』

『かわいそうな黄色・・・』
教習生Oさん
『へへへ・・・(笑)』





続いて・・・

『踏切で、脱輪して動けなくなったらどうしましょう?』
教習生Oさん
『踏切支障報知装置(非常ボタン)を押します。』

『去年、この踏切支障報知装置(非常ボタン)を押して助かった人がいたんですよ。』
教習生Oさん
『え!そうなんですか?』

『じゃあ、このボタンが無かったら・・・』
教習生Oさん
『発炎筒です!』

『車から、どれくらい離れて発炎筒を振りましょうか?』
教習生Oさん
『う〜〜〜〜〜〜〜〜ん、10メートルくらい・・・』

『車もろとも、Oさん即死ですね。』
教習生Oさん
『え!それは困ります・・・30メートル?』

『即死ですよ。』
教習生Oさん
『え!』

『電車は時速120kmで、非常ブレーキをかけて止まるまで約550m進んでしまうんですよ。』
教習生Oさん
『ゲッ!そうなんですか!』

『10メートルや30メートルと言わず、とにかく電車が来る方へ発炎筒持って走ってくださいね。』
『はい・・・』





教習生さんに質問するのは、指導員が一方的に話すだけの一方通行の教習にならないためにするのですが・・・。
教習生さんの考えや知識、理解力を知るうえでも質問は大切です。









また

質問は

教習生さんの、人柄を知るのにも大切なものなのです。
2004年2月11日(水) 晴                                         奈良公園
建国記念日

アメリカでは火星探査車が火星を無人で走行を続けています。
地球からの遠隔操作で、はるかかなたにある火星の探査車を動かすことができるなんて・・・。
日進月歩です。
しかし、このようなハイテク技術も昔ながらの技術があったからこそ・・・。



今日は快晴。
妻と一緒の休みということで、奈良公園に遊びに行く。
独身以来の奈良公園。

第二次世界大戦で連合軍は、京都や奈良に爆撃をしなかったという・・・
そういう経緯から、昔ながらの文化や建物が現存されている古都、奈良。。

小学校以来、奈良の大仏様を見るなんて・・・。
大仏殿に行くまでの南大門には、左右に金剛力士像。
小学校の頃は、じっくり見ることなんてなかったですが・・・木製彫刻なんですよ!
こんな巨大な彫刻が手彫なんて・・・ビックリです。

大仏殿には、大仏様の鼻の穴と同じくらいの穴が柱にあります。
小学校の頃は、大きく感じた穴。
今、この穴を通り抜けることなんて出来ません。
小学校低学年くらいの子供さんが、その穴を通り抜けていましたが・・・。
私も、あんな小さい頃が・・・。


今まで、奈良公園には鹿を見に来るくらいでしたが、大仏殿、二月堂、三月堂など、じっくり見たのは初めて・・・。
クールなメタル調の建造物を見慣れた現代人
歴史を感じる木造の温かみと深みのある建造物を見ると癒されます。










広大な公園なので、1日で全部見て回るなんて至難の業

また、散策に来なければ・・・。

また、デートできそう・・・ムフ。
2004年2月9日(月) 晴                                         一期一会
全国の公安委員会指定の自動車教習所、自動車学校では繁忙期の真っ盛り。
どこの教習所にしようかと迷われる人も多いと思います。
皆さんは、どのような基準で教習所を選んで入所されているのでしょうか。

全国に数千校あるといわれる自動車教習所。
その中で、近畿だけでも180校。
大阪だけとなると44校。



今日、乗車した教習生さん
神戸にお住まいのお方
学校は京都

え?

なぜに・・・
大阪の・・・
わが教習所に?

教習生さん独自で調査。
教習所選びも、その人なりの基準があるようです。
色々考えに考えた結果、わが教習所を選んで下さったわけです。


全国で数千校
近畿で180校
大阪で44校
数ある教習所の中で・・・
神戸の自宅近くの教習所でなく・・・
京都の学校近くの教習所でなく・・・
神戸の自宅から京都の学校までの通学途中にある、わが教習所を選んで下さってありがとうございます。










わが教習所を選んで来て下さっている、多くの教習生さん。

そんな多くの教習生さんに、乗車するのも何かの縁。

有意義な教習生活をすごされ、安全マインドを育んでいただけるよう一期一会で頑張ろうと思いました。





一期一会
『茶会に臨む際は、同じ茶会は二度とないのだから一生に一度の機会と心得て、真心をこめて尽くす』の意。
一生に一度の機会。
2004年2月8日(日) 晴                                 チマタではバレンタイン
2月。
2月の最大のイベントはバレンタインデー。
このところ、チマタでは『バレンタイン・フェア』。
つい先日も、ケーキ屋さんでケーキ買いに店に入ってみたらチョコ・チョコが陳列。
オリジナルバレンタインチョコなんぞ予約で一杯。
女性陣は、気合が入っているようですが・・・。
私の妻、『気合入っているのかなぁ』 って不安になるくらい・・・
無関心なのか無関心を装っているだけのか、のほほんとしています。



今日

1時限目 1段階 項目10 『後退』

2時限目 1段階 項目10 『後退』

3時限目 1段階 項目10 『後退』

4時限目 1段階 項目10 『後退』

こんなことも珍しい。
これだけ 『後退』 が続くと5時限目も 『後退』 かな・・・と少しワクワク。

5時限目の教習生さんがやって来られました。
ワクワク・・・。
配車券を見ると・・・2段階。

ホッ

5時限連続で 『後退』 かとワクワクしていましたが、路上。
期待が外れて少し残念
でも、少し嬉し
気持ちは複雑。


所内ばかりだったので、路上へ出て嬉しかったのか 『バレンタインフェア』 なるものが目に飛び込んできました。
輸入車販売店で 『バレンタインフェア』???
『バレンタインフェア』 って・・・
どういう意味の 『バレンタインフェア』 なんでしょ。
女性が男性にプレゼントする場合は、販売価格の50%OFFだったり・・・
輸入車販売店の営業マンに尋ねてみたい気も・・・。

しかし、輸入車をプレゼントする彼女って・・・
輸入車なんて貰ったら、お返しが・・・
3倍返しなんでしょ・・・貰った彼も大変。





家に帰ったら、妻の母から私に 『バレンタインチョコ』 のプレゼント。
『輸入車』 でなくて 『チョコ』 で嬉しかったり・・・










だって・・・

お小遣いで、できそうなので・・・

お返し
2004年2月5日(金) 晴                                            感謝
今日は休み。
快晴だけど寒いです。

昨日、雪が降ったので朝からTERRANOを洗車。
昼には、洗濯と皿洗い。

何か悪さをして、罰として洗濯や皿洗いをさせられているのではありませんよ。
何を思ったのか、すすんで洗濯や皿洗いをしたわけです。

ウチは妻も仕事をしています。
帰ってきたらゆっくりしてもらおうと、サービス精神旺盛で家事をやったんですよ。

洗濯機を廻している間に、皿を洗い。
出来上がった洗濯物を干した後、既に乾いて取り入れてある洗濯物をたたんでタンスにしまう。
コレが終わったらアレをしようと、わざわざ順番まで考えましたよ。
A型ですから・・・

ひと通り終えて
『やっどぉ、終わっだぁ〜。さあ、ゆっぐりずるぞぉ〜。』 と思ってコーヒーを飲んでいたら・・・
座ったちょうど目の前に、アレが目に入りましたよ。

隣の部屋から訴えるような目で・・・
『ボクちんたちは、どうなっているの?』 と、取り入れられた洗濯物たち。
完璧に終えた・・・
そう思っていたのに・・・
やり残し・・・





家事って・・・
結構、大変です。










妻は、働きながら毎日こんな大変なことを・・・

ありがとう。
2004年2月4日(水) 晴 Part 2                              元気だったのに・・・
人は顔かたち身体つきが違うように、性格や癖も違い色々な人がおられます。
よくしゃべる人、しゃべらない人。
愛想がいい人、悪い人。
温厚な人、感情の起伏が激しい人。
笑顔の人、怒ったような顔の人、感情が出ないポーカーフェイスの人。
人と話す時、目を合わせる人、合わせない人・・・

今日の5時限目に教習生Fさんから元気をいただいた私。
昼からの教習は元気でした。
9時限目までは・・・。



9時限目、1段階 実車4時間目の18歳男子・教習生Tさん。
技能教習で少し苦労されています。

この時間の説明をはじめたのですが・・・
困ったことに、私と目を合わさないのです。
一生懸命、私は教習生Tさんの目を見て話をします。
でも、教習生Tさんは前を見たまんまか、足元を見たまんま。
目を合わせてくれません。

教習で目を合わせてくれないと困るのです。
説明や言っている事が理解してくれているかどうか分かりにくいからなのですが・・・。


私、思いました・・・勝負。
この時間、教習を理解してもらうことは勿論ですが・・・
そう、絶対に目を合わせてもらうこと・・・


運転教本で説明すると教本を見てくれます。
教本を閉じて説明すると、前を向いて目を合わさない教習生Tさん。

紙にイラストなど描いて説明するとイラストを見てくれます。
口での説明やアドバイスに変えると、前を見て目を合わさない教習生Tさん。

身振り手振りでアドバイスをすると動かしている手を見てくれます。
身振り手振りをやめると、前を見てしまう教習生Tさん。

不思議。


だから、技を掛けましたよ。


運転教本で説明すると教本は見てくれるので、教本を顔に近付けて説明する技。
あれまぁ・・・
教本すら見てくれなくなり・・・
教習生Tさん、足元を見て目を合わそうとしてくれません。

今度は、身振り手振りのアドバイスを顔の前でやってみる技。
ぜ〜んぜんダメ・・・
教習生Tさん、前を見たまんま。


いろんな技を掛けてる私。
傍から見てたらアホ丸出し・・・


大人げなく、意地になっていく私。
よーし、少し笑わせてやろうとクダラナイ冗談を・・・
教習生Tさん、少し笑顔に・・・
前を見たまんまで・・・





キ〜ン〜コ〜ン〜カ〜ン
教習終了のベル





フッ・・・
今日は、このへんにしててあげますよ・・・って強がってみても
色々な技も掛けてみたものの・・・敗北。










元気から

落ち込み

そういえば・・・

竹内ま○やの 『元気をだして』 って、あったナ・・・
2004年2月4日(水) 晴                                            元気の源
今日は立春。
暦の上では春。
九州や四国など暖かい地方では、虫が顔をのぞかせたり梅が咲く時期だそうですが・・・。
大阪は、寒い。
大阪など近畿地方では、虫が顔をのぞかせたり梅が咲くなんてことは、まだまだ・・・。

しかし、寒い寒いといってる間に暖かくなっていくのですが・・・。
そう、今年の夏は 『アテネオリンピック』。
女子マラソン、あと1つの切符は誰に?
メジャーリーグの佐々木は日本で野球、一方リトル松井はメジャーへ。
相撲界では貴乃花が部屋を開くなど、スポーツ界は話題が豊富。

『ジャンクスポーツ』 はスポーツ界の裏を暴露。
これが、おもしろかったりするのですが・・・。
ゴールデンタイムに放送が格上げ。

『ジャンクスポーツ』 を見て思うことは、体育会系の人って明るく前向きです。



今日、5時限目の教習。
縦列駐車で22歳女性・教習生Fさん。
『よろしくお願いします!』と元気。

縦列駐車の説明の時は、目をギラギラさせて聞いてくれます。
縦列駐車をやってもらうと、楽しそうに運転して安定しています。

しかし
たいがい最初に上手くできる教習生さんは、後半に失敗しやすくなるのですが・・・
教習生Fさんも・・・
やっぱり。

でも、失敗しても楽しそうで・・・めげない

で、少しアドバイスを・・・
また、目をギラギラさせて聞いてくれます。


教習生Fさんを見ていると、こちらまで元気になってくるので・・・
『Fさん、ひょっとして体育会系ですか?』
教習生Fさん
『はい!わかりますか?バレーボールです。』

『ええ、元気ですし楽しそうに運転してますから・・・』
教習生Fさん
『さっき、方向変換の時も楽しそうですねって言われました。教習、楽しいですよ。』

『失敗しても、元気でガンバッテやってくれてますもんね。』
教習生Fさん
『失敗しても、次は上手くできるようにガンバロウって思って・・・前向き志向なんですかね(笑)』

いよっ!、体育会系!


色々、話しをしていると・・・
就職先はすぐ決まったらしく面接の時は話し足らなかったくらいで、もっと話しをしたかったんだそうで・・・

この前向きな元気さなら、企業も是非欲しい人材でしょうね。


思春期にありがちな、父上を避けたりケムタイと思ったことはないんだそうです。
家族で食事によく行ったりするらしく、さらにご両親は夫婦で自転車に二人乗りしてレストランまで行くそう・・・

なんと仲の良い、お洒落なご両親。
前向きな元気さは、お洒落なご両親に育てられた家庭環境なのでしょうか。





教習生Fさんの前向きな元気さの源は・・・体育会系と家庭環境。










教習生Fさんから、元気をいただいたことに・・・感謝。
2004年2月1日(日) 雨のち曇  プライベート版                            久々の飲み会
今や、公立の学校は土・日がお休み。
ビジネス街に立地する企業は土・日の休みが当然。
土・日が休みでなくても、職員が一斉に休みの会社もあります。
そのような会社で働いている人たちは、休み前に月1・2回の割合で職場仲間と酒場を飲み歩いていることでしょう。

私も土日が休みの会社にいた頃は、休み前に飲みに行ってタクシーで帰ったり、途中で寝て帰ったりとしたものです。
若い頃は・・・。



教習所は、一斉にみんなで休みっていうのは年に数回。
だから、みんなで夜遅くまでワイワイ飲むということが頻繁にできません。
でも、今日は久しぶりに仕事が終わったら職場の先輩たちと我が家で飲み会を開催。

先輩方は妻に気を遣って、それぞれ 『生チョコアイス』 や 『ミ○タードー○ッツ』 、 『バームクーヘン』 などお土産を
持って参上!

  笑顔

だからでもないですが・・・
妻、今回は以前の飲み会以上にはりきって、コップの下に敷くコースターや箸置きを買って用意。

しかし
誰もコースターの上にコップを置かず・・・

『あの・・・妻がコースター用意したので・・・その上に置いてもらえると・・・』
先輩方
『あ、オイラこんな洒落た物使ったことないから・・・(笑)』

私たちも、今回初めてでやんす・・・。

そういって先輩方にコースターを無理やり使わせといて・・・
私自身が、酔ってコースターや箸置き使ってなかったり・・・アホ

やはり
ウチはコースターや箸置きなんてガラじゃないってことなのかも・・・。


しかし、久々にみんなで飲む酒は美味いです。
普段、アルコールが飲めない先輩までもが 『ノンアルコールビール』 を買って飲んでくれていましたから・・・。
その雰囲気作りに感謝。










飲みすぎて・・・

翌日、13時間も寝ていた私。

アホ
2004年2月1日(日) 雨のち曇       主体的 (自分の意思・判断によって行動するさま。自主的。)
年明けから1ヶ月。
2月です。
学校へ行っている頃、1月は行く、2月は逃げる、3月は去るといって、
『3ヶ月なんかすぐ経ってしまうから勉強がんばらなアカンでぇ。』 って先生に言われたものです。

ホント、大人になってツクヅク分かりました。


2月ということもあって、今日は昭和60年産まれの高校3年生の教習生さんばかり・・・。
この教習生さん達も、私たちと同じ事を言われたのでしょうか。
もう試験が終わって、卒業式まで学校がないそうです。
羨ましい・・・



18歳男子 教習生Kさん と 教習生Gさん に乗車。
二人は、お友達。

1時限目・2時限目と教習生Kさんに乗車。
2時間とも自主経路の項目です。

『この時間から自主経路なので、コースはKさん自身で考えて自分の判断で目的地まで運転してください。』
教習生Kさん
『え!そうなんですか?』

じ〜っと地図を見て・・・考え中
じ〜っと地図を見て・・・考え中
じ〜っと地図を見て・・・考え中

頭にインプット中

教習生Kさん
『よし、大丈夫です。がんばってみます。』

自分自身で、曲がる交差点などを覚え探しながらの運転だったので緊張したようです。
運転は少し荒い部分はありますが、無事に目的地に到着。

じ〜っと地図を見て・・・考え中モードだっただけの事はあります。



次の3時限目、教習生Gさんに乗車。
教習生Kさんと同じ自主経路ですが、2回目の自主経路。

教習生Gさん
『さっき、僕の友達乗ったっしょ?』
『あ、友達なんですか?』

教習生Gさん
『そうっす、かるい友達っす。』


かるい友達・・・って???
カールか???


教習生Gさん
『自主経路っすよね。』
『はい、コースはGさん自身で考えて自分の判断で目的地まで運転してください。』

地図をサッと見ただけで・・・
教習生Gさん
『わかりました、オッケーっす!』

え? 『オッケーっす!』 ・・・って
地図をサッと見ただけやで?
サッと・・・?
『しゃぶしゃぶ』 と違うんやけど・・・
大丈夫やろか。

すごい自信やけど・・・
事前に下調べして、自分で走ってきてるんやろか?
じ〜っと、地図を見て考えてた教習生Kさんとえらい違いやけど・・・
その自信を疑問に思いつつ・・・
出発。



しばらく走行して・・・
教習生Gさん
『ここ左っすよね?』
『・・・』

教習生Gさん
『違うっすか?』
『・・・』

教習生Gさん
『そうそう、ここ左っす!そうっすね?』
『・・・』


私の表情を探りながら、私が何か言ってくれるの待ってるみたい・・・
さっき、 『オッケーっす!』 って自信持って言ってたのに・・・


教習生Gさん
『ん?やっぱ、違う?』
『・・・』


また、表情を見て何か言って欲しそう・・・
さっきまでの自信は何処へ?


教習生Gさん
『ここ左でヨカッタっすよね?』


『オッケーっす!』 って言ってたのに・・・
何度も聞いてくるので・・・
『そうですね。ここ左に曲がるって言ってました。』

教習生Gさん
『そうそう!これ!ここ左っす!』


雨雲から陽が射したように、教習生Gさん自信復活!



しばらく走行して・・・

教習生Gさん
『ここを真っ直ぐ?左っすか?』
『・・・』

教習生Gさん
『いやいや・・・ここは左っす!曲がる?』
『・・・』


また、私の表情を探りながら、私が何か言うのを待ってるみたい・・・

だから、期待に応えて言ってあげましたよ。
『自主経路2回目なので、あまり道を聞いたり間違えるようなら、次も自主経路になりますよ。』
教習生Gさん
『え!マジっすか?マジっすか?』

『今まで何度か走ったことのある範囲で経路を考えてもらっているのですから、目的地まで自分の判断で運転して下
さい。』
教習生Gさん
『え〜?マジっすか?う〜、マジっすか?』


『マジっすか?』 ・・・って
さっき 『オッケーっす!』 って自信満々で言ってたやん。

こっちこそ
マジっすか?って言いたいですよホント


教習生Kさん と 教習生Gさん。
友達同士でも、気合の入り方がこんなに違うなんて・・・。





5時限目。
教習生Kさんは、私が 『みきわめ』 に乗車。
教習生Gさんは、先輩指導員が 『みきわめ』 に乗車。

やはり・・・
教習生Gさん、延々と何度も道を聞いてくるので・・・
先輩指導員
『みきわめです!自分で判断して運転してください!!』
キッパリ言ってやったそうです。










自主経路。
自主的に走行経路を設定し、他の交通に気配りをしながら
主体的な運転ができる。

TOP(ふくまるの日記)                                                      HOME