2004年  ふくまるの日記  9月
TOP(ふくまるの日記)                                                      HOME
ここでは日々更新中のプライベートや仕事などの出来事を紹介しています。
お暇な時に読んでください。

9月の日記
2004年9月28日(火) 曇りのち雨                                    指導員泣かせ
秋雨。
川柳や俳句に使うには、最高の季語です。

『秋雨や・・・』

秋雨。
川柳や俳句などで使用するには、最高の季語かもしれませんが・・・洗車する人にとっては洗車泣かせの雨です。


洗車して・・・
キレイになったぜ!ムフ
洗車後の一杯のコーヒー!ムフフ
満足じゃ!ムフフフ
と、思っていると翌日には秋雨。

ホント、洗車泣かせの秋雨です。


この季節、洗車泣かせの秋雨ですが・・・
教習所では、指導員泣かせの教習生さんも・・・






7時限目 2段階 『方向変換』 ・ 『急ブレーキ』 の項目。
20歳男性・教習生Sさん。

『急ブレーキ』 の項目では、急制動・危険回避・コーナーリングの教習を行ないます。




コーナーリングの教習
『30km〜40kmの速度で、あのカーブを曲がります。カーブの直前ではアクセルやブレーキを踏まずに曲がってくだ
さい。』
教習生Sさん
『はい!』


あのカーブに向かって加速!
40km近くでカーブに進入!
教習生Sさん!
いきなり!ブレーキ!!


雨降っていたら、スピンしていたかも・・・
コワ〜




危険回避の教習
『あの障害物を回避します。右か左を指示しますから指示されたら、その方向にクルマを回避して下さい。』
教習生Sさん
『はい!』


あの障害物に向かって加速!
ワタシは
『右』に指示しようと思っていました・・・思っていただけですョ。
まだ、指示を出してないのですが・・・
教習生Sさん
いきなり!ハンドルを左にきって回避!!


指示出す前にハンドルきるなんて・・・
不意をつかれ・・・
コ、コワ〜




『方向変換』 の項目

『クルマを左寄りにして下さい。』
なのに・・・
教習生Sさん、左寄りって言っているのに・・・右に寄っちゃいます。


『あの・・・左寄りって・・・言いましたよね?』
教習生Sさん
『あ・・・』




『左へ後退しますから、ハンドルを左にきりましょう。』
なのに・・・
教習生Sさん、ハンドルを左にって言っているのに・・・ハンドルを右にきっちゃいます。


『ハンドルを左にきるんですよ〜・・・右にきってますよ?』
教習生Sさん
『あ・・・』




『幅寄せをしましょう。ハンドルを左にきりながら前進して下さい。』
なのに・・・
教習生Sさん、ハンドルを全くきらずに前進。


『ハンドルを左にきりながらって言いましたが・・・なぜ、ハンドルきってくれないんですか?』
教習生Sさん
『ああ・・・』




教習生Sさん
1段階の技能教習は、大変苦労されています。
でも・・・
大変苦労されている理由が、少し分かったような気がします。
人の話しを最後まで聞かず、早とちりして行動するからかもしれません。


指示したことと全く違うことをしてしまう、教習生Sさん。
今回は、所内での教習だから良かったけれども、路上ならエライことになってしまうかもしれません。


所内の教習だから、おおらかに指導していますが・・・
ホンマ?

所内の教習だから、にこやかに指導していますが・・・
ホンマに??

実は・・・
顔は笑ってますが心は鬼の形相だったりして・・・
ドキッ!

実は・・・
顔で笑って心は号泣だったり・・・










教習生Sさん


教習の面でも


メンタルの面でも


指導員泣かせです。
2004年9月24日(金) 曇り時々雨                              プライベートの仮免練習
今日はヘンテコな天気でした。
日が暮れるのも早くなり、秋の夜長です。
秋の夜長は何をしましょう・・・ムフ・・・ムフフ。






今日、最後の時間。
2段階、20歳男性・教習生Sさん。


発進・・・スムーズな発進!


変速チェンジ・・・スムーズなギヤチェンジ!


加速・・・スムーズな加速!


でも・・・
そのままの勢いで、速度超過!


運転は、そこそこ上手いんです。
そこそこ上手いんですが・・・ですが・・・怖いんです。
何か・・・横柄な運転というか・・・独りよがりというか・・・怖いんです。
だって・・・
減速してくれないんですもん。


加速する時は、加速G
停止する時は、停止G
右左折する時は、横G


絶叫マシーンじゃないんですけど・・・教習車は。


まるで・・・
ルパン3世のクルマが、銭形警部のパトカーに街中で追っかけられている様な感じ。
そんな動きを教習車がしているんです。


教習生Sさん
会社のクルマで 『仮免許練習中』 の標識をつけて練習させてもらってるんですって・・・。
どうりで・・・
そこそこ運転が上手いわけです。
でも・・・
ヘンなクセがついていたり・・・円滑なのに無駄な動作があったり・・・速度計を見ずに流れに合わそうとしたり・・・
そこそこ上手いのに・・・もったいないです。










プライベートで


仮免許練習のため


横で指導して下さっている友人、知人、ご家族の皆さん。


せっかく指導して下さっているのですから


安全運転を教えてあげて下さい。


でないと・・・


教習生さんが可哀想です。
2004年9月22日(水) 曇り                                        空きっ腹には・・・
ここ最近、涼しくなってきました。
今まで、暑すぎたのですが・・・。


今年の夏の暑さで、何もヤル気が出なかった人も多いはずです。
ようやく涼しくなってきたので、ボチボチ何かやりますか・・・。
そんな感じでしょうか。






5時限目、2段階。
19歳男子・教習生Dさん。


前回、技能教習を受けたのが・・・5月12日。
5月12日か・・・今日は9月22日・・・10日ぶり。
ちがう、ちがう・・・10日ぶりと違う!
5月12日から来てない・・・4ヶ月と10日ぶり!


なんで・・・
4ヶ月と10日も教習を受けなかったの??
冒頭の・・・
今年の夏の暑さで、ヤル気が出なかった人なのかも。
涼しくなってきたからボチボチ教習に行こうか、と思った人なのかも。




4ヶ月と10日ぶりの技能教習で、しかも路上。
キンチョーするでしょう。

教習生Dさん。
クラッチペダルを上げてくる左足が、プルプル・・・
足がプルプル震えているのを気付かないフリをして、励ましてあげないと・・・


『落ち着いて、のんびり行きましょう!』 と声をかけたら・・・
教習生Dさん
『あ、足がふるえる・・・』 と自白しちまって、キンチョーが倍増したみたいで・・・(汗)
余計な声かけなければよかったかも・・・と、反省。




その後は・・・
路上教習も落ち着いて運転していて、教習所に帰ってきました。

4ヶ月と10日も、なぜに教習に来なかったのか尋ねましたよ。


暑さのせいではなく・・・


教習生Dさん
『ケガをしてました。』


教習に来られないケガ・・・たぶん骨折や。


教習生Dさん
『屋根から落ちまして・・・』


やっぱりドンピシャ!絶対に骨折や。


教習生Dさん
『落ちた場所が、ガードレールの上で・・・』


うわ!痛!これは、腕か足の骨折や。


教習生Dさん
『ガードレールが股に・・・』





教習生Dさん
『切れましたザックリ・・・』





教習生Dさん
『○袋』





教習生Dさん
『切れた場所が場所だけに、格好悪くて病院にも行けず・・・』





教習生Dさん
『自分で薬塗って治してました。』





教習生Dさん
『それで、4ヶ月来れなかったんです。』


自分で治してたら・・・4ヶ月かかるわなぁ。










今朝


朝食を食べてません


空きっ腹にビールは


酔いが回る


と言いますが・・・


空きっ腹に痛い話しは


目が回りました。
2004年9月21日(火) 晴れのち曇り                                     家でゴロゴロ
昨日

飲みすぎ

今日は

家でゴロゴロ
2004年9月20日(月) 曇り時々晴れ                                    突然
気象庁や気象予報士の皆さんは大変な季節です。


雨が降ると予報したら・・・突然、ピーカンに晴れたり。
晴れると予報したら・・・突然、雨が降り出したり。


突然・・・






突然
昨日、ある先輩からTEL。
突然
飲み会開催の連絡。


他の先輩に、メールで連絡。
突然、飲み会開催の連絡メールで先輩もビックリ。


今日、会社で他の先輩にも報告。
突然、今日飲み会があることを聞いたその先輩もビックリ。





突然だったのですが・・・


今夜、先輩ん家で飲み会。


突然でしたが・・・


久しぶりなのと、楽しかったのとで・・・


また、飲みすぎました。
2004年9月16日(木) 曇りのち晴れ                            調子に乗りすぎ・・・
はじめて路上でクルマを運転して、緊張と感動で気持ちが高揚するものです。
この高揚が、イイ方向に進む人とワルイ方向に進む人がいます。
また、運転に慣れてくるとイイ方向に進む人とワルイ方向に進む人もいます。


イイ方向・・・
クルマを運転してみて、歩行者や自転車の動向の怖さを知り同時にクルマの怖さも知る。
歩行者・自転車・運転者の気持ちを知り、運転技術はもちろん思いやりや気配りを持った謙虚な運転をしようとする人。


ワルイ方向・・・
クルマを運転しているという優越感と自分は運転が上手いと錯覚に陥ってしまう。
思いやりや気配りなどを忘れ運転テクニックに酔いしれ、クルマが自分の手や足のように感じて無茶な運転をする人。






今日
9月4日に乗車した(9月4日の日記参照)、20歳男性・教習生Tさん。
修了検定に合格し、仮免学科試験にも無事に合格。
路上教習も、今日で5回目。
路上運転での要領も得てくる頃です。
助手席に乗車していても、怖いと思うような事はなかったです。


ですが・・・。






教習生Tさん


『修了検定で、あまり何も言われなかったです!』


『どうですか?今のボクのギヤチェンジ!イイでしょ。』


『今の停止。どうです?ヨカッタでしょ。』


『進路変更のやり方、イイ感じだったでしょ。』


過去に、ワタシと乗車したこともあり、気心が知れているからなのでしょうか・・・
自分の運転に酔いしれて、自分の運転テクニックを自画自賛する教習生Tさん。




しかし・・・
信号のない横断歩道で、お母さんと子供さんが待っていても停止しようとしないので・・・。
『歩行者が待ってます。止まって下さい。』
と、指示をしながらワタシがブレーキで停止。


教習生Tさんの自画自賛に、少し○○気味だったワタシ。


『Tさん、今のお母さんと子供さんがお礼しながら横断してるのを見てどう思いました?運転テクニックも大事ですが・・・
思いやりや気配りも運転には大事なんです。』
教習生Tさん
『はい・・・』


教習生Tさんの自画自賛に、少し○○気味だったワタシ。


『路上の運転に慣れる事はイイ事ですが、その慣れがワルイ方向に向かないように気をつけてください。』
教習生Tさん
『はい・・・』






今日は


ちゃんとクルマに乗れず


調子に乗り過ぎた教習生Tさん










伸びた鼻を


少しばかり


へし折ってあげるのも


指導員の役目です。
2004年9月14日(火) 曇りのち一時雷雨のち晴れ      日頃の行ないが・・・踏んだり蹴ったりの一日
今日から連休。
お盆休みから久方ぶりの連休です。





午前中
芝刈りと洗濯


虫ペールを買っていなかったので、蚊の恰好の餌食。
腕といい顔といい蚊に刺されまくり、病気になるんと違うか・・・。
不安になるくらい、刺された箇所は腫れて・・・。
よっぽどワタシの血液は美味いんやろか・・・フフ


いやいや・・・
そんな事思ってられる余裕もなく、暑さと痒さで汗だく状態。




続いて洗濯!
しかし
普段やらない事は、するもんじゃないです。
普段やらない事をすると・・・雨が降るっていうでしょ。


洗濯物を干し終えて、アイスコーヒーを飲んで休憩していると・・・
部屋が暗くなり・・・
雲いきが怪しくなってきて・・・


遠くからゴロゴロ・・・
『なんや?ゴロゴロ・・・って、空が腹でも壊したんか?』
空が、お腹なんぞ壊すわけがなく・・・カミナリ様がやってきているんです。


カミナリがピカッ!ゴロゴロゴロ・・・
雨がザーーーーーーーーーッ



日頃の行ないが悪いと・・・こんな事になってしまうんです。




午後
ワタシに嫌がらせ同然の雷雨は通り過ぎ・・・。
予定していたホイールセンターキャップを装着しようと・・・とある場所にクルマで出掛けました。


購入したセンターキャップは汎用品なんです。
だから
一度タイヤを外して、アルミホイールにセンターキャップを装着して、タイヤを取り付ける・・・。
大変な作業なんです。


一人で黙々と・・・作業しましたよ。
まずは、後輪から外して・・・
そしたらね、空からパラパラと・・・
『なんや?パラパラ・・・って、空がパラパラ踊ってんのか?』
空が、一時流行ったパラパラなんぞ踊るわけがなく・・・雨が再び降ってきたんです。


また
雨がザーーーーーーーーーッ
一時、車内で待機してましたよ・・・まったく。


日頃の行ないが悪いと・・・こんな事になってしまうんです。





雨が止んだので・・・
残りの前輪を外して、センターキャップを取り付けて・・・
そしたら・・・
ジリジリとした太陽の陽射し・・・暑いねん!


太陽がジリジリ・・・
雨で濡れて、オマケに汗で濡れて、何が何か・・・濡れネズミ状態。


日頃の行ないが悪いと・・・こんな事になってしまうんです。




ようやく・・・
4本ともセンターキャップを装着してタイヤも取り付け・・・色々ありましたが無事完了。


ひと仕事終えて、ジュースを飲もうと自動販売機へ。
財布の中身は小銭28円!
他には、福沢諭吉さんと新渡戸稲造さんしかおらず・・・
こんな時に限って夏目漱石さんがいない・・・自動販売機でジュース買えないじゃん!


ボー然!
今日は一体どうなってるんや・・・まったく。


日頃の行ないが悪いと・・・こんな事になってしまうんです。





仕方がない・・・
近くの大手電器店で両替してもらお・・・っと。
『両替お願いします。』
店員さん
『申し訳ありません。両替はお断りしております。』


な・・・?!
ニセ札使用の防御策なんでしょうか・・・ワタシのお札は本物なんですけど・・・。


日頃の行ないが悪いと・・・こんな事になってしまうんです。










日頃の行ないがホンマに悪いんでしょうか。


身も心もボロボロ・・・


今日は踏んだり蹴ったりの日でした・・・ホント。










こんな日は、夜景を見て厄除け・・・


涼しくて、エエ夜景でした♪


踏んだり蹴ったりの一日を忘れさせてくれましたョ。


家に帰ってからは、エエ気分でビールを飲んで身も心も潤おしました♪
2004年9月11日(土) 曇り                                        リベンジ
朝・夕涼しくなりました。

明日
有給休暇を取っているので、朝から元気が良かったワタシ。

その昔
仕事が終わる午後5時から、元気が出たりヤル気が出たりする男を 『5時から男』 と言ってましたが・・・
ワタシは
休日前に、元気が出たりヤル気が出たりする 『休前日男』 かも・・・。







今日、最後の時間。
2段階 『方向変換・縦列駐車』 『急ブレーキ』 の項目。
19歳・男子 教習生Tさん。


ワタシが運転教本や口頭で説明しても、まったく目を合わせてくれない教習生Tさん。
前を見たまま返事をする教習生Tさん。




ん?


この場面


どこかで・・・


一体どこで?


もしや


これが・・・


デジャヴ??




と思ったのも束の間。


1段階の最初の方で、1度乗車したことがあります。
『ふくまるの日記 2004年2月4日』 に堂々と登場する教習生Tさんです。
色々な技をかけて動じなかった教習生Tさんです。
ワタシを落ち込ませた教習生Tさんです。
(詳細は2004年2月4日を参照)


やっぱり・・・
今回も目を合わせてくれません。


前回
ことごとく敗北しているので、無理に目を合わせてもらおうなんて・・・
これっぽっちも思っていません。
これっぽっちも・・・。


だって、明日は有給休暇で元気なワタシ。
また敗北して、落ち込みたくありません。


でも・・・
仕事がら、教習生さんの目を見て話す習慣がついているワタシ。
どうも目を合わせてくれないと・・・気になり
気になりだすと勝負心が・・・
フツフツと・・・





一瞬
一瞬・・・ね
一瞬・・・ですよ


チラッと
チラッと・・・ね
チラッと・・・ですよ。


ほんの、チラッと・・・


あんなに目を合わそうとしなかった!
色々な技をかけても目を合わそうとしなかった!
ワタシを落ち込ませてまで目を合わそうとしなかった!
その教習生Tさんが!!チラッと目を合わせてくれたんです!!










ジ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン(感涙)


もう・・・感動でした。


目を合わせてくれたこと・・・


い、いえ・・・


7ヵ月越しのリベンジ


目を合わせた


ワタシの勝利に・・・


ジ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン(感涙)
2004年9月7日(火) 曇りのち台風                                  台風18号
今朝から地震
昼頃から強風
夕方から台風


今年、日本に上陸した台風は7個目です。
昨日、アメリカでは大型ハリケーンが猛威を振るって停電。
この台風18号、今年最も勢力が強い台風だそうです。


サンサンとした夏の陽射しを浴びた、果物や野菜たち。
秋の収穫は豊作だと、喜んでいたのに・・・非常に心配です。






この強力な台風18号
教習でも影響が・・・。


今日から実車の教習生さん。
所内の広場で発進・停止の練習の後・・・いざ!所内コースでの走行の練習です。


初めて所内コースで教習車を走行させるわけです。
教習生さんは、非常に緊張します。


所内コースの発着点
教習生さん
右足で、アクセルペダルを踏み
左足で、ゆっくりクラッチペダルを上げ


クラッチがつながるまでは、フツー教習車は動き出しません。
フツーは・・・


でも、でもですよ。
今日は、教習車が後ろに動き出すんです。


教習生さん
『あの・・・ここって、少し坂になっているんですか?』
『いえ、平坦ですよ。』


教習生さん
『でも・・・車が後ろに動いているんでけど・・・』
『これは・・・台風で車が後ろに押されているんですョ(笑)』


教習生さん
『え?!た、台風でですか?!』


教習生さん
さぞ、ビックリされたでしょう。
初めて自分で運転して車を動かそうとしているのに、台風で車が逆行するんですから・・・
貴重な体験といえば貴重な体験なんですが・・・。










暴風で、教習車が逆行

台風18号の勢力の強さが計り知れます。

恐るべし、自然。
2004年9月6日(月) 曇り                                また・・・買ってしまった
昨日の地震は、チョイ怖かったです。
夜に、大きな揺れが2回もあるんですから・・・ビックリしますよ。






今日は休み。


テラノのオイル交換とオイルエレメントの交換に、大型カー用品店へ。
大型カー用品店は、何時間いても飽きないです。


やっぱり、 『大人のおも○ゃ』 だけはあります。
ん?ヘンなこと想像してませんか?
ダメダメですョ。
車は、まさに 『大人の玩具』 と言いたいだけですョ。


今回は、いつものオイルから違うメーカーのオイルに変えてみました。
オイル交換直後、いつも思うことは・・・走りが 『なめらか〜』 です。


で・・・
また・・・
ATシフトノブを買っちまいました。


前回のATシフトノブ
実は、取り付けに一部失敗しているんです。
それが、不満で・・・。
いや、不満というか・・・気になって・・・。


取り付けに失敗した箇所が・・・
気になって
気になって
気になって
気になって
どーしようもないんです。


A型の性っちゅうんでしょうか。


今度の休み
新しいATシフトノブ取り付けようと思ってますが・・・
O/Dリード線の配線や接続で、また格闘することになるかも・・・
それがクセになってたり・・・。
2004年9月4日(土) 晴れ時々曇り                                  調子に乗る
コロコロ変わる天気です。
○心と秋の空といいますが・・・
晴れていたと思ったら、曇ったり雨が降り出したり・・・


こんな天候が続くと洗車もできません。
こんな天候でも洗車をしているのは、タクシーと教習車くらいじゃないでしょうか。


雨が降るのが分かっていて洗車をする。
お客様に気持ち良く乗車していただくために、毎日洗車に勤しむタクシードライバーと教習指導員。


今日は、雨は大丈夫だろうと思っていたら・・・
今夜も、やっぱり雨が降りだしました。






5時限目、20歳男性・教習生Tさん。
1段階 教習項目 『14・標識・標示に従った走行』 『15・信号に従った走行』 です。


車を運転するうえで、知識と技術が常に一体でなければなりません。
ん〜、なんとカッコエエことを並べ立てているのでしょ・・・ワタシ。


教習所も、常に学科と技能が一体(学技一体)の教習になっていなければなりません。
ん〜、なんとモットモラシイことを並べ立てているのでしょ・・・ワタシ。


ん〜、ホントにそんな事思っているのでしょうか・・・ワタシ。
『 ・ ・ ・ 』




で、ワタシ。
まじめですから・・・(たぶん・・・)
クソまじめですから・・・(だから、たぶん・・・)
この学技一体をクソまじめに実行しようと、技能教習が始まる前に質問するわけです。


この時限
技能の教習項目
『14・標識・標示に従った走行』 『15・信号に従った走行』 ですから
学科の教習項目
『2・信号に従うこと』 『3・標識・標示に従うこと』 に合致するわけです・・・ムフ。


まさに、学技一体のモデルのような教習項目です。




『この時間は、「14・標識・標示に従った走行」・「15・信号に従った走行」の項目です。』
教習生Tさん
『はい!』
元気がヨイです。


『学科の「2・信号に従うこと」・「『3・標識・標示に従うこと」を受講してますね。』
教習生Tさん
『はい!』
元気がよいです。


『原付免許も持ってますね。』
教習生Tさん
『はい!』
元気が良いです。


『学科も受講していて原付免許も持っているということですから・・・では、質問します。』
教習生Tさん
『ゲッ!』


『ゲッって・・・』
教習生Tさん
『いえ・・・大丈夫です!完璧です!』


『あ・・・完璧ですって言いましたね?』
教習生Tさん
『う・・・大丈夫です!』




『青信号の灯火の意味は?』
教習生Tさん
『青信号の灯火の意味は・・・アレです・・・その・・・アレですよ。「進め」じゃなくて〜アレです。「進んでもイイ」です!』


『黄信号の灯火の意味は?』
教習生Tさん
『黄信号の灯火の意味は・・・アレです。「大阪は加速!」なんですよね・・・基本は「止まりなさい」で・・・でもでも、ちゃ
んと止まれない時は・・・GO!です。』


『赤信号の灯火の意味は?』
教習生Tさん
『赤信号の灯火の意味!これは「止まりなさい」です!』




『ちょっと苦しそうな解答ですが、ニュアンスは近いですね。』
教習生Tさん
『でしょ!学科はキチッと聞いてますもん!』


『青信号は、「進むことができる」、黄信号は、「原則は停止、安全に停止できない場合は進むことができる」、赤信号は
「停止」ですね。』
教習生Tさん
『そうです!それを言いたかったんです!』




『では・・・』
教習生Tさん
『ゲッ!まだ、あるんですか?!』


『黄色の点滅信号は?』
教習生Tさん
『う・・・黄色の点滅信号は・・・アレです・・・アレですよ。「注意して・・・確認して・・・注意して・・・徐行しなさい」です!』


『ん?』
教習生Tさん
『いえ!違いますね!・・・「注意して進みなさい」です!』


『赤色の点滅信号は?』
教習生Tさん
『赤色の点滅信号は・・・アレです・・・ん〜、あ!これが、「注意して徐行しなさい」ですよ!』




『違います。』
教習生Tさん
『やっぱり・・・』




『黄色の点滅信号の解答は近かったですが、赤色の点滅信号は「停止位置で一時停止して・・・」ですよ。』 
教習生Tさん
『ああ・・・一時停止か』
教習生Tさん、少し落ち込み・・・。


『でも意味は近かったので、あと少し勉強したら大丈夫でしょう。』
教習生Tさん
『でしょ!ちゃんと学科聞いてますもん!』
教習生Tさん、元気復活!


『でも、あんまり調子に乗らないように頑張りましょうね。(笑)』
教習生Tさん
『え・・・はい・・・(笑)あんまり調子に乗らないように頑張ります。(笑)』




何かと調子に乗る教習生Tさんですが・・・
ワタシの質問に、必ずといっていいほど復唱する教習生Tさん。




技能でも・・・

『東交差点を左に曲がって下さい。』
教習生Tさん
『はい、東交差点を左に曲がり・・・』


『もっと加速しましょう。』
教習生Tさん
『もっと加速し・・・』


『ここの交差点は急なので、充分速度を落として曲がっ方がふらつかないですよ。』
教習生Tさん
『ここの交差点は、急なので・・・充分速度を落として曲がった方がふらつかない・・・』


と、ワタシの指示を復唱して運転する教習生Tさん。




質問でも指示でも、復唱する教習生Tさん。
すぐ調子に乗る教習生Tさんですが・・・
実は、言われたことを復唱して自分に言い聞かせる・・・努力家さんでした。










車の運転は

調子に乗ることなく

ちゃんと

車に乗ってました。
2004年9月2日(木) 雨のち曇り                                       ドラマ
今日は休み。


関西では、15時頃からドラマが再放送されています。
反町隆・竹之内豊の 『ビーチボーイズ』
鈴木保奈美・岸谷五郎 『恋人よ』


つい、見入ってしまうんです。
再放送で、次にどうなるか分かっているのに・・・見入ってしまうんです。


で、今日も見入ってしまいました。
明日は仕事で見れないのに・・・見入ってしまいました。


このシーズン
涙が溢れそうになるドラマは・・・
山田孝之の『世界の中心で愛を叫ぶ』
天海祐希の『ラストプレゼント』


妻に、涙を見せたくない。
だから、苦労します。
2004年9月1日(水) 曇                                高速教習で待つ指導員
8月が終わっちゃっいました。
ガクッ・・・。

9月が始まっちゃっいました。
ガクッ・・・。

夏が終わっちゃいました。
ガクッ・・・。

今年の夏は海水浴に行ってません。
ガクッ・・・。



今年の夏は暑かったですが、ここ最近の朝夕は涼しくなってきました。
秋です。

夏のサンサンとした太陽の恵みを受けて、秋の収穫は豊作だそうです。
食欲の秋です。
また太るかも・・・。
スポーツの秋です。
大丈夫かも・・・。

もう少し涼しくなったら、高速道路を使って遠出のドライブに出掛けたいものです。





午後から高速教習。

出せるものは全て出す!
というくらい露出させている18歳・女子 
教習生Mさん
今日から学校が始まったという高校3年生。

8月のバイト代は20万円稼いだ、茶髪頭でピンピン立たせている19歳・男子 
教習生Hさん
バンド組んでてドラム担当の、音楽系の専門学校生。

この辺では名の知れた高級住宅街にお住まいの20歳・男性 
教習生Fさん
将来は、官僚か代議士か・・・はたまた名誉教授か・・・の質問に・・・
種子島の宇宙開発センターでロケットを開発したいという京都の某国立大学生。

という教習生さん達と高速教習に出発。



高速教習は3時間。
教習生さんによっては教習車内は盛り上がるか、シ〜ンと沈黙が続くか・・・なのです。

このシ〜ンと沈黙が3時間も続く教習生さん達の時は、マコトに苦しく話題作りに大変なのです。
高速に関する質問なんかしたあかつきには・・・

『はぁ?!おっさん!ナニ質問してるの?!』 てな感じで威嚇されたり・・・。
そんな雰囲気で睨みつけられたり・・・。
ウザイみたいな・・・。

い、いや・・・実際に声に出して威嚇される訳じゃないのですが・・・。
い、いや・・・実際に睨みつけられる訳じゃないのですが・・・。
い、いや・・・実際にそんな事思っている訳がないのですが・・・。

そんな事思っているかも・・・
なんて弱気な気分になってしまったりして・・・。

だって 
(教習生さん)対(わたし)。

こんな時って全く知らない人同士でも、考えが一致すると団結しちゃうでしょ。
あの・・・暴動みたいな。

だから質問も、つい遠慮してしまうんです。
つい遠慮・・・
と言いながら高速に関する質問を投げかけ・・・
ダルそうに答える教習生さん達が、いつ暴動を起こすか・・・。
そんなこんながクセになっていたり・・・M?


だから歌います。
プリンセスプリンセスの 『M』 を・・・                               ・・・なんでやねん!





話しは元に戻して・・・

で、今回の高速教習の教習生さん達は・・・。
高速教習に関する質問には、う〜んと真剣に考えて答えてくれたり、逆に質問してきてくれたり・・・。

質問してきてくれた、茶髪頭をピンピン立たせている
教習生Hさん
『世界の中心で愛を叫ぶ』 の中で、家族愛に涙が溢れそうになる如く・・・
教習生Hさんの質問に、私は感動して涙が溢れそうになりました。


その質問に関して、物理に例えて専門用語で全く訳がわからなくしてしまった
教習生Fさん
うんうん、いいんです。いいんです。
訳が分からなくしてしまっても、参加することに意味があるんです。
あとは、私が何とかします。


『え?京都の某国立大学生ですか?』 って・・・
高速教習後半に、やっとやっと
教習生Fさんが京都の某国立大学生だと気付いた、露出の教習生Mさん
ホ〜ントに今まで興味なく車内の話しを聞いていたんですね。
少し悲しかったり・・・
でも、いいんです。いいんです。
興味を持ってくれただけで、いいんです。
何事も興味を持つことから始まるわけですから・・・。



9月イッピの高速教習は、ものスゴイ三人三様のキャラクターのお陰で盛り上がりました。








高速教習の3時間。
教習生さん達が高速教習車に、歩いて来られる時。

吉と出るか・・・
凶と出るか・・・
バクチを打つ心境で・・・

いや、例えが悪い・・・


吉と出るか・・・
凶と出るか・・・
バクチを打つ心境で・・・

い、いや、例えが悪いって・・・


けど・・・
こういう例えしか思いつかず・・・


もう、この例えで・・・

吉と出るか・・・
凶と出るか・・・
バクチを打つ心境で・・・
ドキドキしながら高速教習車に隠れて待っている指導員。










そんな指導員を見かけたら・・・

私と同じ心境かも・・・

可愛がってあげてください。

TOP(ふくまるの日記)                                                      HOME