TOP(ふくまるの日記)                                                             HOME

       7月の日記

                1  2
 3  4  5 
 6  7  8  9
10 11 
12 13 14 15 16
17 18 19 20 
21 22 23 
24 25 26 27 28 29 30
31

2005年  ふくまるの日記  7月
プライベートや仕事など日々の出来事を紹介しています。お暇な時にどうぞ。


2005年7月21日(木) 晴れ                                                        
日焼け
今日から、公立の小・中学校では夏休みです。


今日のワタシは、休日出勤。
なので、1時限遅く出勤です。





朝早くから、いたる所でガシガシガシガシと蝉の大合唱。
教習所の植木には、いたる所に蝉の抜け殻。
若い教習生さん達は、いたる所を露出。





夏ですな。





だから・・・
真っ黒に・・・小麦色に・・・エエ色に焼けている教習生さんに乗車することが多くなってきました。
海好きなワタシ・・・聞かずにはおれませんでした。


『その焼き色は、どこかの海に行かれたんですか?』


18歳・男子教習生さん
『自転車通学焼けです。』



19歳・女子教習生さん
『部活焼けです。』



22歳・男性教習生さん
『バイト焼けです。』



50歳・男性教習生さん
『ゴルフ焼けです。』


・・・なんだそうです。





『地黒です。』


・・・なんて言う教習生さんもいました。










まだ、海で焼いた教習生さんには乗車してませんが・・・
ウエルダム ・ ミディアム  ・ レア
海や山など遊びに行かれて、エエ焼き色をつけた教習生さんが多くなってくるのでしょう。


ええなぁ・・・



















実はワタシも・・・


エエ焼き色に・・・




















どこで焼いたか聞いてくれますか?



















『教習焼けです。』

2005年7月15日(金) 晴れ          
                              暑かった日本列島
暑かった日本列島。
大阪は35度。


休みなので・・・


ちょっと自転車で走ってみたら汗がジワ〜ッと・・・


どころか


ちょっと自転車で走ってみたら汗がドバ〜ッと・・・


でした。


昨日のお酒が全部放出された感じ・・・


しかし、暑かった。










京都では、 『コンコンチキチンコンチキチン』 14日〜16日まで祇園祭の宵山です。
宵山の京都を見て周る方々にとっては、エエ天気に恵まれたようです。










梅雨明けのような天気と気温でしたが・・・
蝉が一斉に鳴かないので、梅雨明けまであと一歩ってところでしょうか。

2005年7月14日(木) 曇り時々晴れ          
                         一番のアドバイス?
昨日の水曜日、教習所近くのシネコンはレディースデー。
シネコン付近は女性ばかりですが、その中にポツポツと男性の姿も・・・。
奥様に・・・彼女に・・・連れられた、ご主人様や彼氏たちのようです。


レディースデーっちゅうのは・・・
ホントに女性だけが安くなって、同伴の男性はコレッポッチも安くならないらしいです。
ホントに、レディースデーなんですって!










昨日、仲睦まじいカップルを見て映画館のレディースデーについて教えてくれた 23歳・女性 教習生Tさん。
今日も、教習生Tさんに乗車しました。
信号に対する予測がイマイチだったので、そのへんの運転を見ていきたいと思いました。





が・・・よくなっています。





『昨日よりも信号に対する予測など、よくなっていますよ。』
教習生Tさん
『ありがとうございます・・・昨日の夜、ダンナに運転を見てもらったんです。』


『あ、そうなんですか!優しいご主人ですネ。』
教習生Tさん
『いえ・・・。』


『え?』
教習生Tさん
『私の運転も悪かったんですが・・・それにしても・・・』





それにしても・・・何やろ?





教習生Tさん
『ダンナとつき合って5年、一緒になって2年、あんまり怒られたこと無かったんですが・・・あんなダンナ初めて見ました。』


教習生Tさん
『もう・・・離婚?!そんなこと考えました。』


教習生Tさん
『ダンナが、もっと速度出せ!って言うからスピード出したら、崖に落ちかけまして・・・ダンナも怖かったやろうけど・・・私は崖に落ちそうになった事よりダンナの事が怖かったっちゅうねん!』


教習生Tさん
『なんで、そんな事が出来へんのや!!って言うから、私がいきなり上手く出来たら怖いやろ?!ってツッコミ入れたら黙ってましたけど・・・(笑)』


教習生Tさん
『ダンナは、もう二度と横に乗らへん!!って言うから、私も二度と横に乗ってもらわん!!って言い返してやりました。』





ダンナ様に横に乗ってもらって色々なことがあったご様子ですが・・・
でも・・・
その甲斐あって、運転はよくなってるんですけど・・・。










ご主人や彼氏など、助手席に乗ってもらって練習される教習生さんや卒業生さんは多いですが・・・


ご主人からの・・・


彼氏からの・・・


怒声


必ずと言っていいほど通過しなければならない関門のようです。




















指導員のアドバイスより・・・





ご主人の怒声


彼氏の怒声





ひょっとして・・・


運転を上達させる


精神的にも強くさせる


一番のアドバイスなのかも・・・。

2005年7月12日(火) 曇りのち雨          
                   CMのような・・・さわやかな笑顔
このところ・・・
カップルで教習所に来られる10代〜40代の方々が多いこと・・・
彼女や奥様が教習生さんで、その彼女や奥様とご一緒に来られる彼氏やご主人様。





−オレの彼女に手を出すな!−





−ワシの妻に手を出すな!−





そんな思いで、ご一緒されているのでしょうか・・・





そんなに指導員は手が早いんでしょうか・・・





いやいや・・・





−上手く運転できるかなぁ−





−車を動かせられるかなぁ−





そんな思いで、ご一緒されているのだと思いましょう。









技能教習、実車デビューの22歳・女性 教習生Kさん。
相当キンチョーされているようで、ハンドルを握ったところは汗でびしょ濡れです。
そのキンチョーが運転に悪く出なければいいのですが・・・。


しかし、そんな不安も徒労に・・・。
運転教本で予習をしてくれていたからか・・・
それとも、のみ込みが早いからなのか・・・
座席・ミラー・ベルトの順で、スンナリ運転準備を始めてくれました。


ひと通りの説明の後・・・
周回コースの右まわり左まわりの走行です。
正確なハンドルさばきと正しい視線移動で、順調なすべり出しで安心しました。





ですが・・・





周回コースを右まわりで周っていると・・・
校舎の前にベンチがズラッと並べられてズラッと人が座っているのですが、ワタシの教習車をジ〜ッと不安そうに見つめている男性が1名。


ベンチの前に近づいてくると・・・
ワタシの教習車をジ〜ッと不安そうに見つめる男性


またまたベンチの前に近づいてくると・・・
ワタシの教習車をジ〜ッと不安そうに見つめる男性


この繰り返し・・・
ベンチに近づいてくる時から遠ざかるまでジ〜ッと不安そうに見つめています。
F1をサーキット場で見ている様な感じでしょうか・・・。





『Kさん、運転が上手く出来ているので質問していいですか?』
教習生Kさん
『はい・・・』


『今日は、誰かとご一緒ですか?』
教習生Kさん
『え?はい・・・どうしてですか?』


『この教習車をベンチからジ〜ッと見つめている人が・・・。』
教習生Kさん
『あ・・・私の連れです。』





ベンチの前に近づいてくると・・・
今度は、ワタシの教習車を携帯カメラでバシャッと撮り始めた男性





『あ!携帯カメラで、Tさんの運転撮ってましたョ(笑)』
教習生Kさん
『ゲッ!恥ずかしい・・・(ハニカミ)』




















恥ずかしいとハニカミ


でも・・・


教習を終えて彼氏の待つベンチへ


その時の二人の笑顔


コ●・コーラのCMのようで・・・さわやかでした。

2005年7月7日(木) 曇りのち雨          
                     恥ずかしがり屋の織姫と彦星
7月7日は七夕で有名ですが、浴衣の日でもあるそうです。
今日の大阪の天気、午前中は曇りで夕方に雨。


世間では・・・
曇り空や雨だと、織姫と彦星は出会えなかったと思われがちです。
でも・・・
実は、雲の上でラブラブチュッチュッだったりするかもしれませんョ。


織姫と彦星が、わざと夜空を曇りにしているのかも・・・
きっと、下界から多勢の人にラブラブチュッチュッを見られるのが、照れくさいのか恥ずかしいのかもしれません。





それとも・・・


昔・・・
下界の人たちは、人前でラブラブチュッチュッなんぞしなかったから、織姫と彦星が天の川でラブラブチュッチュッを堂々と見せつけていたのでしょう。


今・・・
下界の人たちは、人前でラブラブチュッチュッなんぞするものだから、織姫と彦星が天の川でラブラブチュッチュッを堂々と見せつけられなくなってしまったのではないでしょうか。


あまりにも過激だから・・・









でも・・・
やっぱり下界から多勢の人に見られるのが、照れくさいのか恥ずかしいんですョ。










指導員に成り立ての若かりし頃・・・


人も少なく、彼女と二人っきりで静かに食事ができる穴場レストラン。
食事をしているのはワタシと彼女だけなので、穴場レストランは貸切状態でした・・・ムフ♪


そんな、ムフフ♪で楽しんで食事をしていたら、入口から女性たちの声。
貸切状態もこれまでか・・・そう思って入口を見たら・・・











ワタシが仕えている教習所の先輩女性指導員と事務員の方々。
固まりました・・・ワタシ


目が合って会釈しましたが・・・
そこからは、料理の味も分からなくなってたような・・・
おまけに・・・
食事の後にアイスコーヒーなんぞ注文していたから、なかなか穴場レストランから出ることも出来ず・・・
アイスコーヒーも、
チュ〜〜〜〜〜〜ってな感じで、すぐに飲み干してしまったような・・・





穴場レストランは、ワタシたちと先輩女性指導員たちの二組だけ・・・
見て見ぬふりをしながらも、こちらをチラチラ見ている先輩女性指導員と事務員の方々。


若かったワタシ。
照れくさかったような・・・恥ずかしいかったような・・・そんな記憶が残っています。





織姫や彦星も、そんな気持ちなのかも・・・




















曇り空の大阪ですが・・・


恥ずかしがり屋の織姫と彦星


雲に隠れて出会ってるんでしょうネ♪

2005年7月6日(水) 曇り時々晴れ          
                              面目ない・・・
7月に入って雨が降り続いていましたが・・・
今日は、雲間から恥ずかしそうに時々青空を覗かせてました。


蝉が、一斉に鳴き始めると梅雨明け。
もうすぐ堂々と夏の青空を見せてくれるでしょう!、楽しみです。










蝉の鳴き声・・・










今日、山道教習に行ってきました。
山道では、今日も気の早い蝉がチラホラ鳴いてましたョ。


ウチの山道教習の辺り・・・
春は桜の花見、秋は紅葉、夏はせせらぎで川遊びなど、関西ウ○ーカーや朝のTV番組ズー○インでも紹介された行楽地になっています。
土・日ともなれば駐車場も満車になりますが、梅雨明けをしていない平日は人も車も少なかったです。





山道教習は、30歳と26歳の女性教習生さん。
子育て大先輩のご両人様。


山道教習中
山道での運転に関することは勿論ですが、子育ての話しで盛り上がり・・・


オムツはアレが・・・


ミルクはコレが・・・


夜泣きは・・・


頸の据わりは・・・


買い物時は・・・


などなど










教習で、運転に関するアドバイスをしなければならない、ワタシ。


なのに・・・


教習で、子育てに関するアドバイスをしていただいた、ワタシ。




















面目ない・・・


いたらない指導員で・・・スンマセン。

TOP(ふくまるの日記)                                                             HOME