TOP(写真)                                                            HOME

奄美群島 徳之島
2004年6月1日出発
奄美群島 徳之島


妻の田舎である徳之島へ、帰省と旅行を兼ねて行ってきま
した。
大阪から鹿児島まで約70分、鹿児島から徳之島まで約50
分の空路で到着します。
大阪、鹿児島は快晴でしたが、徳之島は滞在期間中は雨
でした。

鹿児島行きの飛行機待ちの間、大阪国際空港の展望デッ
キで大阪の高層ビルと飛行機を撮影。
徳之島は、奄美大島から南へ60kmにあり群島の中心に
位置し、奄美群島のなかでは奄美大島の次に大きい島で
す。

島自体は、大陸から分離した古生層からなり奄美大島とと
もにアマミノクロウサギの生息地として知られています。

機内から高知市上空。
闘牛大会、トライアスロンやダイビング等のスポーツ、また
長寿の島としても有名なところですが、遺跡や島唄等文化
的にも歴史があり興味深い島です。

黒砂糖・砂糖豆(サタマメ)・みそまめ・青さ・パパイヤ漬け・
黒糖焼酎などが名産です。
やぎ汁・鶏飯・猪汁・豚骨料理などが郷土料理です。

機内から鹿児島の桜島です。

『徳之島』

徳之島

すごく長い直線道路があったので、車がいなくなるのを見計
らって撮影。

車は少なく走りやすかったです。
県道以外の道は狭いので、軽自動車や小型乗用車をよく
見ました。
特にダイハツのテリオスキッド。
県道80号線で、太平洋側の海。
いたるところに咲いていたハイビスカス。
南国ムードたっぷりです。

妻の田舎の家にあるマンゴーの木、スイカ、ガジュマルの
木。
ご両親は、このガジュマルの木にブランコを作って遊んでい
たらしいです。

『畦(あぜ)プリンスビーチ』

畦(あぜ)プリンスビーチ

昭和47年当時、皇太子だった現在の天皇皇后両陛下が
遊泳されたことから命名されたという雄大で美しいビーチで
す。
白い砂浜は1.5キロメートルも続きますが、この日は雨の
ため誰もいませんでした。

徳之島は、4月に海開きをするので海水浴ができるんです
が、雨で泳ぐことができませんでした。

畦プリンスビーチにあった、バナナの木。

『金見崎 ソテツトンネル』

金見崎、ソテツトンネル

島の北西部に位置する岬、金見崎です。
近くに樹齢300年を越すといわれるソテツが、トンネル状に
200メートルも続いています。

もともと、畑の境界として植えられていたものだったそうで
す。
ソテツトンネルは、迫力があって凄かったですよ。
ソテツトンネルを抜けて、展望台付近に咲いていたハイビス
カス。
展望台から望むトンバラ岩、金見崎海岸、右側奥に見える
奄美大島です。
絶景です。

金見崎の牛。

『むしろ瀬』

むしろ瀬。

奄美十景のひとつです。
島の北西部にある海岸で東西約150メートル南北約100メートルにわたり、巨岩がむしろを敷いたように連なっていること
から、この名がついたといわれています。
三方が海に臨んでいるためここからの景色は迫力満点で、回遊魚など絶好の釣り場としても有名です。

『犬の門蓋(いんのじょうぶた)』

犬の門蓋(いんのじょうぶた)

東シナ海に面したこの海岸は、サンゴ礁 が長年にわたる侵
食によりできた奇岩や断崖があります。

自然が作った芸術です。
芸術的な断崖、メガネ岩入口、メガネ岩。

『犬の門蓋』の地名の由来は、むかし大飢饉の時に犬が群
れをなして人畜に危害を及ぼしたので、捕らえてここから海
中に捨てたことからつけられたといわれています。

『さとうきび畑』

さとうきび畑

走行中、あまりにもさとうきび畑が綺麗だったので、車を止
めて撮影しました。

昔、国から『米』より『さとうきび』を作るよう令が出たそうで
す。
車で走っていると、こんな『さとうきび畑』ばかりでしたよ。

森山直太郎の母、森山良子の『ザワワ〜♪ザワワ〜♪』の
曲が流れてきそうですね。

『秋利神架橋(あきりがみかきょう)』

ハイビスカスと秋利神架橋(あきりがみかきょう)

徳之島で一番大きい川が秋利神川です。
この地は、古来から山々の湧き水を集め、常に水量 が多く
難所といわれた場所だそうです。
そのいわれからか、水量を利用する水力発電所もありま
す。

『犬田布岬(いんたぶみさき)』

犬田布岬(いんたぶみさき)

徳之島の南西部に突き出た岬で、奄美十景のひとつです。
琉球石灰岩の海触崖と鋭く切り立つ断崖は、徳之島の自然景観です。
奄美群島国定公園でもあり、アダンや海浜植物が茂る遊歩道は高麗芝が青々と自生しており芝の絨毯のようでした。

犬田布岬には、戦艦大和の慰霊塔があります。
海のかなたには1945年4月、沖縄へ南下の途中撃沈さ
れた戦艦大和が海に眠っています。
白ユリが静かに咲いており、静かなひと時でした。

犬田布岬で茂る、アダンのトンネルとアダンの実です。

『朝潮銅像』

朝潮銅像

豪快な押し相撲と巨体で、奄美・徳之島の名を全国にしら
しめた第46代横綱・朝汐太郎です。

引退後は、高砂部屋を継承し前ノ山、朝潮、小錦などの強
豪力士を育てました。

徳之島は相撲が盛んなところでもあり、南海のハブと恐れ
られた旭道山も輩出しています。

『ダチョウ牧場』

ダチョウ牧場

個人で飼育しているダチョウ牧場が、いつのまにやら観光
スポットになってしまったらしいです。

『与名間ビーチ  サンセット・リゾート』

サンセット・リゾート

与名間海浜公園にある、サンセット・リゾートに最終日に宿泊しました。
広大な敷地には、トライアスロンのスタート地点でもある人工の海水浴場(ヨナマビーチ)、バースハウス、プール多目的広
場、キャンプ場、人工出島などが整備されています。

毎年開催される「トライアスロンIN徳の島」大会は、全国でも5本の指に入るほど有名で国内外から多数のトッアスリートが
参加しています。

最近では、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト高橋尚子選手の合宿の地としても知られるようになり、実業団の
スポーツ合宿の受け入れにも取り組んでいる宿泊施設です。
鶏飯(けいはん)

奄美群島の郷土料理です。
ご飯の上に、シイタケ、野菜、貝、卵のうすやき等をのせ
て、鍋に入っている地鶏の骨で作ったスープをかけて食べ
ます。
美味しかったですョ。

「とりめし」と言って注文したら・・・「けいはん」ですね(笑)っ
て言われちゃいました(笑)
パッションフルーツ

黄色のタネみたいなものが実です。
酸味があって、美味しかったです。
今、酸味を思い出し唾が出てきました(笑)
2004年2月に合宿に来た、高橋尚子選手と小出監督など
のサイン色紙。
近くには、尚子ロードがあります。
サンセット・リゾートは、各部屋がロッジ風になっていてプラ
イベートの別荘のようで、よかったですョ。

ロッジ風の部屋からの与名間ビーチ。

夕方の与名間ビーチ、泳ぎたかったですね。

交通

各空港から鹿児島空港を経て、鹿児島空港から徳之島まで飛行機で約50分。
大阪・神戸から徳之島までフェリーで約32時間。

TOP(写真)                                                            HOME