1. HOME >
  2. 仮免・本免(修検・卒検)よく中止になる項目・2

仮免・本免技能試験(修了検定・卒業検定)よく中止になる項目・2

よく中止になる項目・2

仮免・本免技能試験(修了検定・卒業検定)中止項目の教習車アイコン

運転免許試験場の仮免・本免技能試験や、自動車教習所の修了検定・卒業検定で、よく中止になる項目をピックアップして解説しています。

採点方法は、100点から減点方式で採点し70点(二種は80点)以上が合格です。

【よく中止になる項目・2】では、次の中止項目をワンポイントアドバイスと併せて解説しています。


  • ●進行妨害
  • ●後車妨害
  • ●歩行者保護
  • ●安全間隔不保持
  • ●踏切不停止等
  • ●右側通行

【よく中止になる項目・2】解説とワンポイントアドバイス

進行妨害 (中止項目)


  1. 信号機など交通整理の行われていない交差点で、交差道路を左から進行してくる車両等の進路を妨害し又は妨害しようとしたとき
    (ただし、試験(検定)車が優先道路や明らかに幅員が広い道路を通行している場合は除く)
  2. 信号機など交通整理の行われていない交差点で、優先道路を通行する車両等の進路を妨害し又は妨害しようとしたとき
  3. 信号機など交通整理の行われていない交差点で、明らかに幅員の広い道路を通行する車両等の進路を妨害し又は妨害しようとしたとき
    (ただし、試験(検定)車が優先道路を通行している場合は除く)
  4. 環状交差点を除く交差点で、右折する場合に対向直進・対向左折車の進路を妨害し又は妨害しようとしたとき
  5. 環状交差点に入ろうとするときに、環状交差点内を通行する車両等を妨害し又は妨害しようとしたとき
  6. 道路標識等で一時停止の場所で発進後、交差道路を通行する車両等の進路を妨害し又は妨害しようとした場合

▼ 解説とワンポイントアドバイス

後車妨害 (中止項目)


  1. 路端から発進する時や車線変更など進路変更の時に、後方から進行してくる車両の速度やハンドルを急に変更させた場合
  2. 進路を変えることができるのに、その時機を失い進路を変えないため、後方から進行してくる車両の通行を妨害した場合

▼ 解説とワンポイントアドバイス

歩行者保護 (中止項目)


脱輪と同じく逆行した程度にもよりますが、次の場合が中止になります


  1. 道路外の施設・場所に出入するため歩道を横断する場合、または路側帯に駐停車する場合に、歩道または路側帯の直前で一時停止しないとき
  2. 歩行者等の通行を妨害するおそれがある場合に、道路外の施設・場所に出入するための左折・右折・横断・転回・後退した場合又はしようとしたとき
  3. 安全地帯がある場所や乗降する人がいない路面電車の左側から1.5m以上の間隔を保てる場合を除き、乗客が乗降を終わり又は降りた人で検定車の前を横断しようとしている人がいなくなるまで、路面電車の後方で停止していないとき
  4. 横断歩道等の手前で、歩行者が横断し又は横断しようとしている場合に、横断歩道の手前(停止線がある場合は、その直前)で一時停止しないとき
  5. 横断歩道等またはその直前で停止している車両等がある場合、その車両等の前方に出る前に一時停止しないとき
  6. 横断歩道等がない場所で、道路を横断している歩行者等の通行を妨げた場とき
  7. 次の人が通行している場合や歩行している場合に、一時停止や徐行しないとき
    • 身体障害者用の車椅子が通行しているとき
    • 目が見えない人が盲導犬を連れているとき
    • 耳が聞こえない人や身体に障害のある人が杖を携えて通行しているとき
    • 保護者等が付き添わない児童・幼児・老人が歩行しているとき
  8. 児童等の乗降で、停止中の通学通園バスの側方を通過する場合に徐行しないとき

▼ 解説とワンポイントアドバイス

安全間隔不保持 (中止項目)


  1. 歩行者や軽車両(自転車・荷車)が試験(検定)車を認知していることが明らかな場合に、おおむね1メートル以上の間隔を保たないとき
  2. 歩行者や軽車両(自転車・荷車)が試験(検定)車を認知していないおそれがある場合に、おおむね1.5メートル以上の間隔を保たないとき
  3. 道路状況等により、安全な間隔が取れない場合に徐行や停止をしない場合

▼ 解説とワンポイントアドバイス

踏切不停止等 (中止項目)


  1. 踏切の手前(停止線が設けられている場合は停止線の手前)からおおむね2メートル未満で停止せず、または停止しようとしない場合
    (ただし、踏切用信号機の信号に従う場合は除く)
  2. 踏切の遮断機が閉じよう・または閉じている間、踏切の警報機が鳴っている間に踏切に入り、または入ろうとした場合
  3. 前方の車両などの状況により踏切内で停止のおそれがある場合に入り・または入ろうとした場合

▼ 解説とワンポイントアドバイス

右側通行 (中止項目)


  1. 道路の中央から右側の部分(反対車線)を通行した場合
    (ただし、駐車車両などを避ける場合など法令の除外規定に該当する場合は除く)
  2. 道路の中央から左側の部分の幅員が6m未満で、道路の右側の部分(反対車線)の状況が明らかでなかったり対向車を妨害してしまうおそれがある場合に、追い越しをかけ右側の部分(反対車線)にはみ出したとき
  3. 道路標識等で追い越しのため道路の右側の部分にはみ出して通行が禁止されている場所で、追い越しをかけ右側の部分(反対車線)にはみ出した場合
  4. 道路の左側を通行している歩行者や軽車両、駐車車両など障害物を避けようと道路の右側の部分(反対車線)にはみ出そうとして対向車を妨害してしまう場合

▼ 解説とワンポイントアドバイス

▶ よく中止になる項目・1

▶ ふくまるの自動車教習所 HOME

【よく中止になる項目・1・2】について

その他にも中止になる項目はありますが、これらが技能試験(検定)中によく中止になる項目です。

ただし、各試験場や教習所の統一事項や場内(所内)コースの形状、運転免許試験場または教習所周辺の道路環境等により、採点に関して若干考慮される場合があります。


【よく中止になる項目・1・2】でご紹介したような運転をしなければ合格は手にできますから、しっかり運転練習して仮免・本免技能試験(修了検定・卒業検定)にチャレンジして下さい。


一般に公表されている範囲で、分かりにくい内容に関しましては当サイト管理人の文章で表現しております。

若干、難しい内容の箇所があるかとは思いますが、ご活用いただけましたら幸いです。

うっかり失効・一発飛び込み試験で再取得

うっかり失効・仮免保有から普通免許の再取得は、一発飛び込み試験対策のプログレスドライバースクール

うっかり失効・仮免保有から普通免許の再取得は、一発飛び込み試験の本免技能教習プランで!


▶ うっかり失効・本免技能教習プラン

お知らせ・更新情報




管理人

管理人ふくまる

ふくまる


指定自動車教習所で、20年近く教習指導員・技能検定員として奉公


現在は、運転免許試験場(運転免許センター)の仮免・本免技能試験を受験される皆様や、指定自動車教習所の修了検定・卒業検定に受検される皆様を、応援する事業でサポートをおこなっています。


当サイトが多くの皆様に活用して頂き、お役立てできましたら幸いです。


お問い合わせ