1. HOME >
  2. 運転免許技能試験(修検・卒検)実施前の説明

運転免許技能試験(修検・卒検)実施前の説明

技能試験(修検・卒検)実施前の説明

運転免許技能試験(修了検定・卒業検定)実施前の説明の教習車アイコン

運転免許試験場の仮免許技能試験・本免許技能試験、自動車教習所の修了検定・卒業検定が始まる前に試験(検定)に関する説明がおこなわれます。

運転免許試験場や自動車教習所での説明の順番は、それぞれ違う箇所があると思いますが内容はほぼ統一されています。

技能試験・技能検定実施前の説明は大事な内容ですから、最後までしっかり聞いていただき万全な状態で技能試験・技能検定に挑んでいただけたら幸いです。



1・受験(受検)車両の番号と受験(受検)順序

技能試験・技能検定の実施前に掲示板などで発表されていたり、説明の時に発表されます。



2・合格発表の方法と事務手続き

合否の発表は全員の技能試験・技能検定が終了後にあります。

しかし、危険行為・試験官(検定員)補助・明らかな減点超過(減点が40点になった場合)・指示違反などがあった場合は検定中止です。(6・検定中止事項を参照)

採点方法は、100点から減点方式で採点し70点以上が合格です。


運転免許試験場(免許センター)の技能試験


指定自動車教習所(自動車学校)の技能検定



3・試験中・検定中の事故防止

技能試験・技能検定は、次の受験者が後部座席に同乗し合否の発表は全員の技能試験・技能検定が終了後にあります。

後部座席に同乗中の急ブレーキ、急ハンドルに注意してください。(試験官または検定員が危険回避の為、ブレーキ・ハンドル補助する場合があります。)

また、後部座席から乗降時やコースの横断、ドアに指づめなど注意してください。



4・試験コース・検定コースの走行順序

運転免許試験場(免許センター)で設定された試験コース、自動車教習所で設定された検定コースが、技能試験・技能検定の実施1時間前に発表されています。

技能試験・技能検定の実施前の説明で簡単なコース紹介があります。





5・技能試験・技能検定課題履行条件

●仮免技能試験・修了検定の場合

仮免技能試験・修了検定は、正確な法令履行及び正確な運転操作によって、安全かつ円滑な走行ができるかどうかについて行います。

また、道路及び交通の状況に応じて他の交通に気配りしながら主体的な運転ができるかどうかについて行います。


  1. 採点の範囲
    採点は、乗車する時から下車するまでについて行います。
    乗車前の確認から、エンジンの始動、コース走行、走行終了後のエンジンの停止、降車してドアを閉めるまでが技能試験・技能検定の採点範囲です。
  2. 安全確認の方法
    安全確認は原則として直接目視及びバックミラーによること。
    目視は、試験官・検定員にわかるようにハッキリと行いましょう。
  3. コース
    コースはすべて車道とみなします。ご自宅駐車場の車庫入れ
  4. コースを間違った場合
    試験官・検定員が元のコースに復帰する方法を指示します。
    なお、コースを間違ったことについては減点しませんが、元のコースに復帰するまでの間も採点の範囲となります。
  5. 上り坂の停止・発進
    指示された場所で停止し、直ちに発進すること。
  6. 指示速度による走行
    周回コースまたは幹線コースの速度指定区間で、指示速度に従って走行すること。
    試験官・検定員から指示があります。
  7. 脱輪時の措置
    車輪が縁石に乗り上げ又はコース外に落輪した時は直ちに停止して、乗り上げる又は落輪する以前の地点まで戻って走行しなおしてください。
    なお、脱輪時の急ブレーキやエンストについては減点しません。
  8. 駐車時の措置
    発着点に戻ったら駐車状態にし、次の措置を行ってください。
    • 二輪車以外の自動車は、車体の先端を指示した停止目標(ポールなど)にそろえてください。
      MT車は、ハンドブレーキを引き、ギアをニュートラルにしてエンジンを切り、最後にギアをローかバックに入れます。
      AT車は、ハンドブレーキを引き、Pレンジに入れ、エンジンを切ります。
    • 二輪車は、前車輪の先端を停止目標(ポールなど)にそろえ、ギアをニュートラルにしてエンジンを切り、サイドスタンドを立てて下さい。
  9. 特別コースの走行(自動二輪車)
    • 直線狭路コースの走行
      直線狭路台の手前の指定地点で停止し、直線狭路台を着座姿勢で大型自動二輪車は10秒以上、普通自動二輪車は7秒以上、普通自動二輪車で総排気量125cc以下(小型二輪車)にあっては5秒以上の時間で走行すること。
    • 連続進路転換コースの走行
      大型自動二輪車・普通自動二輪車(小型二輪除く)
      大型自動二輪車は7秒以下、普通自動二輪車は8秒以下の時間で走行すること。
    • 波状路コースの走行(大型二輪車のみ)
      立ち姿勢で、できる限り遅い速度(5秒以上)で走行すること。
    • 指定速度からの急停止
      指定速度を保ち、指定位置で急制動を行い車輪をロックさせずに急停止区間内で安定した停止をすること。
      指定速度は大型自動二輪車・普通自動二輪車は40km、小型二輪車は30kmの速度です。


●本免技能試験・卒業検定の場合

本免技能試験・卒業検定は、正確な法令履行及び正確な運転操作によって、安全かつ円滑な走行ができるかどうかについて行います。

また、道路及び交通の状況に応じて他の交通に気配りしながら主体的な運転ができるかどうかについて行います。


  1. 採点の範囲
    • 採点は、乗車する時から下車するまでについて行います。
      乗車前の確認から、エンジンの始動、コース走行、走行終了後のエンジンの停止、降車してドアを閉めるまでが技能検定の採点範囲です。
    • 場内・所内コースで行う方向変換の採点範囲
      方向変換コースに車体が入り始めてから、方向変換を行い、そのコースから車体が全部出るまでの間が採点範囲になります。
    • 場内・所内コースで行う縦列駐車の採点の範囲
      縦列駐車コースに平行して停止したのち、駐車範囲内に車体の全てを入れ、その範囲から車体が全て出るまでが採点範囲になります。
  2. 安全確認の方法
    安全確認は原則として直接目視及びバックミラーによること。
    目視は、試験官・検定員にわかるようにハッキリと行いましょう。
  3. コース
    コースは試験官・検定員の指示により各課題コースを走行していただきますが、コースの途中で停車をしていただきコース最終地点で駐車措置を行なって下車します。
    コースの右左折は試験官・検定員が指示しますが、走行途中で試験官・検定員から停車の指示が出たら道路の左側端に寄せて一旦停車して下さい。
    この停車時に、フット(足)ブレーキを踏んだまま、ハンド(手)ブレーキを引いて、ギアをニュートラル(AT車はPレンジ)にしてエンジンはかけたままにします。
    この状態で試験官・検定員に停車の方法を観察(採点)してもらい、試験官・検定員が停車方法の観察(採点)を終えたら発進して最終地点に向かって走行を続けていただきます。
  4. コースを間違った場合
    試験官・検定員が元のコースに復帰する方法を指示します。
    なお、コースを間違ったことについては減点しませんが、元のコースに復帰するまでの間も採点の範囲となります。
  5. 駐車時の措置
    コース途中の停車の指示による停車地点ではエンジンを切る必要はありませんが、コース最終地点では次の駐車措置を行なって下さい。
    • MT車は、ハンドブレーキを引き、ギアをニュートラルにしてエンジンを切り、最後にギアをローかバックに入れます。
    • AT車は、ハンドブレーキを引き、Pレンジに入れ、エンジンを切ります。
  6. 方向変換
    方向変換は、コース凹部に後退で入れてください。
  7. 縦列駐車
    縦列駐車コースに平行して停止し、駐車範囲内に車体の全てを入れて下さい。
  8. 脱輪時の措置
    方向変換・縦列駐車で、車輪が縁石に乗り上げ又はコース外に落輪した時は直ちに停止して、乗り上げる又は落輪する以前の地点まで戻って走行しなおしてください。
    なお、脱輪時の急ブレーキやエンストについては減点しません。
    しかし、路上での歩道や縁石の乗り上げ、側溝などの脱輪は全て試験・検定中止になります。
    路上コースの脱輪と場内・所内コースの脱輪とでは、判定が違いますから注意して下さい。


6・技能試験・技能検定の中止事項

次に掲げる事項に該当した時は、技能試験・技能検定が中止になります。

(二輪)・・・自動二輪車のこと
(大)・・・その行為が著しく大きい場合のこと


  1. 危険行為など  
    • 仮免技能試験・修了検定
      • 逆行(大)
      • 発進不能
      • 暴走
      • 通過不能
      • 脱輪(大)
      • 接触(大)
      • 右側通行
      • 安全地帯等進入
      • 後車妨害
      • 信号無視
      • 進行妨害
      • 指定場所不停止
      • 安全間隔不保持
      • 踏切不停止
      • 追越し違反
      • 割込み
      • 安全運転義務違反
      • 転倒(二輪)
      • 指定速度到達不能(二輪)

    • 本免技能試験・卒業検定
      • 逆行(大)
      • 発進不能
      • ふらつき(大)
      • 暴走
      • 通過不能
      • 脱輪(大)
      • 接触(大)
      • 右側通行
      • 安全地帯等進入
      • 後車妨害
      • 信号無視
      • 進行妨害
      • 指定場所不停止
      •  
      • 安全間隔不保持
      • 踏切不停止
      • 追越し違反
      • 割込み
      • 安全運転義務違反
      • 歩行者保護不停止
      • 通行禁止違反等
      • 横断等禁止違反
  2. 試験官・検定員補助
    技能試験中・技能検定中に、危険を回避するため技能検定員がブレーキやハンドルを操作した場合。
    技能検定員が、口頭でこれにかかわる補助を行った場合。
  3. 減点超過
    減点した合計点が、合格基準に定める成績を得ることが出来ないことが明らかな場合。
    明らかな減点超過とは減点が40点に達した時で、減点が35点の時は技能試験・技能検定を続行する場合があります。
  4. 指示違反
    技能試験・技能検定実施のために指示をしたにもかかわらず、その指示に従わない場合。


7・当日受験できない人

自動二輪車は受験(受検)時にヘルメット、手袋、長袖服、長ズボン、靴を着用していない場合。

四輪車は受験(受検)時に和服、ゲタ、サンダル、ハイヒールなどを着用している場合。


▶ ふくまるの自動車教習所 HOME



お知らせ・更新情報




管理人

管理人ふくまる

ふくまる


指定自動車教習所で、20年近く教習指導員・技能検定員として奉公


現在は、運転免許試験場(運転免許センター)の仮免・本免技能試験を受験される皆様や、指定自動車教習所の修了検定・卒業検定に受検される皆様を、応援する事業でサポートをおこなっています。


当サイトが多くの皆様に活用して頂き、お役立てできましたら幸いです。


お問い合わせ